抑え一覧

【プロスピA】中川 皓太 (S) 2019 セレクション [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ポリバレント・クローザーと呼ばれ今シーズン大活躍の中川投手、抑えで登場です。(ポリバレントは下記参照) シリーズ1での70B 75B 66Cより大幅アップです。 原監督には目力だけじゃなく、やはり采配能力もある。そんなことを思う7月中旬。

【プロスピA】サファテ(S)2019 TS [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。チームが変われば何かが変わる!そんなことはもちろん助っ人の方達にも当てはまります。 やっぱりサファテさんと言えばカープよりも西武よりもホークスといった感じで、球威はもちろん素晴らしいながらも、変化球が今シーズンのサファテ投手と比べても若干物足りなさはあります。贅沢を言えばですが。

【プロスピA】中崎 翔太(S)2019 EX[広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。広島からヒゲ男子中崎投手。 この数年の登板疲れからか少し苦戦されてますカープの守護神。通常バージョンでは球威もAから79Bへと下がってましたが、ここはエキサイティング+1でAに乗ってます。少し失点が多いのが悩ましいところ!休まずとも復活を見せてくれるか、少し休んで復活を見せてくれるか。

【プロスピA】松井 裕樹(S)(S)2019 EX [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。高校時代の甲子園での奪三振ショーから気がつけば、見慣れたプロの姿。 そして9回に投げる姿はもはや貫禄。今シーズンも、躍動する楽天の最後を締めてます。 今シーズンすでに圧巻のセーブ数ながら、残念ながら球威は79B。昨シーズンの反映なので仕方ないですね。

【プロスピA】石山 泰稚(S)2019 EX [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。使用感的に間違いない投手。とても投げやすく三振、ゴロアウトともに狙って取れる投手です。唯一言うとしたら、横への変化がないくらい。Dカーブと2種の落ちる球種でも十分ですが!球威もあるし、何と言っても限界突破なしで中継ぎ可能なことでしょうか。 抑えが決まっている方も中継ぎ枠でいかがでしょうか。

【プロスピA】久保 裕也(S)2019 シリーズ1 TS [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。抑えもそうですが、中継ぎでも活躍の印象です。個人的にはジャイアンツ時代はもちろん、移籍後の楽天の印象も強い投手です。何と言ってもフォークでしょうか。 中継ぎ、抑えともにフォークのある投手は抑えれます。球威も称号次第でAに!

【プロスピA】赤堀 元之(S)2019 シリーズ1 TS [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。まさに近鉄時代の抑えという印象。速いストレートに高速スライダー。 落ちる系の球がないので、使う方によっては三振を狙いにくい球種かもです。 ただこの球威Aは魅力。制球もいいので、スライダー系のピッチャーが得意な方にはいいと思います!

【プロスピA】ドリス(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。阪神からドレッドドリス投手。シーズンでのフラフラ感は置いておいても、リアル対戦での打ちにくさはトップクラス。速い球(ツーシーム)と落ちる球は正義ですね。スローイングが19Gとエグい数値を叩き出してますが、阪神では不動の抑え。中継ぎができない分、純正チーム以外は少し使い勝手が悪いですがリア対用にストックもありかと思います!

【プロスピA】田島 慎二(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。中日の抑えは鈴木じゃなくて田島だよ!と聞こえてきそうな(そうか?)田島投手。久々の登場。中継ぎもできるので、抑え専門ではないですが全体的に少し物足りない印象。しかしながら、与田監督は名将の予感。投手出身ならではの配置で田島投手の復活お願いします!

【プロスピA】山崎 康晃(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。DeNAから山崎投手。またの名をコミュニケーションおばけ。スマイルの威力。そしてツーシームの威力。芯を外すゲッツーも、フォークでの三振も狙える、ほぼ大魔神。ラミちゃん&番長コーチの信頼からか、回またぎでの出番もありますが、相手チームからした時のジ・エンド感はセ・リーグナンバーワン。

【プロスピA】クック(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。巨人からクック投手。いいピッチャーですね。ただプロスピの能力としては、まだ反映されていない感は満載です。今シーズン、セーブ状況での登板が多くなりそうなジャイアンツ的にもこの方のセーブ王があればリーグ優勝もありそうですね。ジャイアンツファンには必須になりそう。

【プロスピA】石山 泰稚(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ヤクルトから石山投手。打力はグイグイきてるヤクルト、大事なのは勝ちパターン。その最後に君臨するようになったこの石山投手。なんと言っても抑えっぽい顔してます(俺的視点)。もちろん、速くて威力のあるストレートと落ちる縦スラは素晴らしいのですが、あわせてフォークもあります。自チームにこんな抑えがいたら文句なし!

【プロスピA】中崎 翔太(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。広島からヒゲ男子中崎投手。この数年の登板疲れからか、個人的には少し捕まる印象も。そして残念ながら球威もAから79Bへと下がってます。ただし寸評でもいじられているサインを確認する時のあの顔、威圧感への期待は高まるばかり。しかし、中崎投手登場の2019.4現在、どこかで上昇気流には乗るでしょうが、どうした広島状態。歓喜の輪の中心にいた投手、がんばってほしい!

【プロスピA】松井 裕樹(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。楽天から松井投手。随分と前の話となってきましたが、高校時代の甲子園での奪三振ショーが忘れられず、あるのはひいき目。しかしながら、今回まさかの球威が78B。スラーブの変化量は増えつつも、ストレート系が弱くなったのは痛い。 今シーズン順調にセーブを重ねてます。その反映を待つしかない。今シーズンの楽天は何かが違う。勝ち星の数だけ、この方の輝きがあるでしょう。

【プロスピA】増井 浩俊(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。オリックスから増井投手。個人的にはこの方のフォークがプロスピ現役最強の予感。千賀投手のおばけフォークほどの落差ではないのが逆にちょうどいい落ち方(個人差あります)。抑えとはいわずも、限界突破をして中継ぎで起用も考えていただきたい投手のひとり。

【プロスピA】石川 直也(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。日ハムから石川投手。フォークがSFFになったりしてますが、変化量的にも良くなってます。試行錯誤中の日ハム流オープナー、この方から始まる日もあるでしょうか。増井投手の抜けた穴はやはり落ちる球メインの投手で埋めたいところ。

【プロスピA】サファテ(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。お待ちしてました!昨シーズンアニバーサリーで登場してましたが、通常バージョンも待ってました。球威はアニバの89Aには及びませんが86Aも素晴らしい。もちろん落差のあるSFFもarimasu。 抑えはガッツリいい選手いるよ!って方も限界突破5以上ですが中継ぎもOKです。待ってるぜサファテ。

【プロスピA】ヒース(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンの活躍もあり、変化球大幅アップ。特にスライダーとナックルカーブ。やはりナックルカーブは打ちにくいので、活用できます。やはり抑えといえばストレート。 そのストレートも勢いあります。特殊能力には抑えに抜群、奪三振あります。ただ落ちる系の球はないので、個人的には配球が難しそうな気もします。