NEW! 俺的ランキング アニバーサリー第1弾!

流し打ち

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】坂口 智隆(S)2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。昨シーズンこそ怪我での離脱がありましたが、ヤクルトに移籍してからは安定的な成績を残している坂口選手。怪我の影響もあり2019S1以来の登場です。
2020 S2

【プロスピA】中村 晃 (S) 2020 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。前シリーズでは右翼手での登場でしたが、今回は一塁手での登場。とにかく出場したら打ってるイメージがあります。しかもチャンスで。
2020 S2

【プロスピA】糸原 健斗 (S) 2020 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。シーズン序盤の好調から、怪我もあり調整中に突如現れた新星小幡選手。しかし、プロでしっかり全試合出ていた選球眼とスタミナの持ち主、糸原選手も負けてはいない。
2020 S2

【プロスピA】渡邉 諒 (S) 2020 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。直球破壊王子として野球の魅力までもお伝えしてくれています。もちろん直球だけではなく、色々な変化球を駆使するのも面白いのですが、やはり直球勝負は手に汗握る。
2020 S1

【プロスピA】金子 誠 (S) 2020 TS [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。まるでホームランバッターのような佇まいの写真ですが、紛れもなく守備の名手。札幌ドームのスタンドに揺れる「誠」の旗がまだ懐かしい。
2020 S1

【プロスピA】遠藤 一星 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。綺麗なスイングが印象的な遠藤選手。まだまだベテランが輝く中日外野陣ではありますが、その中でもまだまだ足で魅せてくれる30オーバー。
2020 S1

【プロスピA】上本 博紀 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。年齢を重ねても積極プレーは健在。打力は間違いなく良いものの、ケガなど色々あります。鳥谷さん、大和さんという移籍組の活躍に負けじと躍動を期待!
2020 S1

【プロスピA】石川 雄洋 (S) 2020 セレクション [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。横浜から登場、石川選手。横浜高校時代は涌井投手と同級生でチームメイトだったので、つまりダルビッシュ投手とも同じ年。
2020 S1

【プロスピA】堀 幸一 (S) 2020 TS [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。やはり様々なポジションの適性を持っている選手は貴重。二塁も三塁も守れる堀選手はアベレージヒッターを持つ選手。
2020 S1

【プロスピA】大城 滉二 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。ご結婚おめでとうございます。オリックスベンチにはバンダナの安達さんと編み込みの大城さんがいるなという印象であります。どうやら奥さんが編んでいるとかどうかのようです。すごし。
2020 S1

【プロスピA】吉田 大成 (S) 2020 期待の若手 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.7/10点。色んなチームメイトを混ぜた感のあるフォームの吉田選手。守備はすでに上手いのであと少しの打力をプラスしていきたい。大きいのが打てそうな打者は幸い育ってきているので、線にする選手。
2020 S1

【プロスピA】宜保 翔 (S) 2020 期待の若手 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。捕球とスローイングはまだ低いものの、守備の軽快な感じは魅せる守備として、守備でお客さんを呼べる選手になりそうな予感ムンムンの宜保選手。オリックスの次世代を担うこと間違いなしでしょう。
2020 S1

【プロスピA】山﨑 幹史(S)2020 期待の若手 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。足を使う野球を目指されてる三木監督のもとで必ずや必要となってくるであろう山崎選手。登録名も変更し、一軍でも盗塁量産となるか。もちろんユーティリティー。
2020 S1

【プロスピA】糸原 健斗 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。しっかり全試合出続ける選球眼とスタミナの持ち主、糸原選手。低弾道ながら、チャンスで外野の間を抜けていく打球は魅力あります。3割とかに乗ってくるような打撃になってくれば感動レベル。
スポンサーリンク