超アベレージヒッター一覧

【プロスピA】近藤 健介(S)2019 EX [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。球界を代表するヒットメーカー。 今シーズン序盤はあまり打率が上がってこない感じでしたが、6月も中盤になろうかというこの時期。気がつけばアベレージは上位争いしてらっしゃいます。圧巻。 シーズンではサードを守ることも出てきてますね。プロスピでは適正Cなので、限界突破3以上から守ることが可能です。

【プロスピA】内川 聖一(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ウッチー。 ソフトバンクへ移籍してからも活躍は目覚ましく、超アベレージヒッター持ちのファーストはこの方以外いないかも知れない。守備も上手いし言うことなし! 強いて言えば、ファーストという強打者ポジションに何を求めるかでしょうか。 他のポジションでアーチストやパワーヒッターがいるなら申し分なし!

【プロスピA】秋山 翔吾(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。強力なセンター陣の中、ヒットメーカー!昨シーズンとの違いは攻撃面では走力が+2。守備面が残念ながら適正-1でAからBに。肩も85Aから74Bと大幅ダウン。。センターは秋山選手固定の方も多かったと思いますが、これで少し揺らぐ可能性もありですね。ただ圧倒的なミート力+特殊能力「超アベレージヒッター」は圧巻!

【プロスピA】平野 恵一(S)2019 シリーズ1 TS [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。シンボルマークはヘッドスライディングとガッツ溢れるプレー。そして今はちょっとふくよかになり、阪神ベンチでスマイル満開。弾道がグラウンダーながら、このミート力は圧巻。 強打者にも劣らないミート力と壮大な守備範囲は超魅力!!

【プロスピA】田中 賢介(S)2019 シリーズ1 TS [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。現役から登場。今シーズンで引退を明言されてますが、圧巻の守備力とミート力。足も速い。 北海道へ移転した日本ハムファイターズの顔といっても過言ではない選手だと思います。 弾道が低弾道なので、大きいのは狙えませんが、守備力も重視される方はベストなセカンドだと思います!

【プロスピA】長谷川 勇也(S)2019 シリーズ1 TS[福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。何よりも圧巻のミート83A!打ちまくったシーズンですね。 現センターには圧倒的な柳田選手がいるソフトバンクですが、このミート力も素晴らしい。 アベレージヒッター持ちの現役が少ない中で、アベレージヒッターがあるのはいいと思います! ただ大きいのが難しいので、若干点数は渋めに。

【プロスピA】秋山 翔吾(S)2018 侍ジャパン [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018年シーズンも大活躍でした。個人的にもですが、野手はギータ、山田くんに注目してしまいがちですが、本当にすごいですねこの方。 アベレージヒッターはご存知の通り、守備もとても上手い。数値を見た感じ、ミート力が高すぎて長打力がなさげに見えるかも知れませんが、弾道が高弾道のこともありホームランもよく打てます。

【プロスピA】田尾 安志(S)2018 Series2 OB[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。田尾といえば土屋でもありますが安志の素晴らしいところは何よりミート。アベレージヒッター付きです。楽天の監督時代から、個人的にはどこの球団にいた人なのかわからなくなってましたが、中日→西武→阪神でした。アベレージヒッターはあるのですが、外野は現役でもかなりの豊作。アベレージヒッター狙いの方以外には少し弱いかもです。

【プロスピA】近藤 健介(S)2018 ベストナイン [日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。ナイスミート力。プロスピでDHは選択肢が多く難しい悩みでありますが、間違いなく候補に上がる選手です。なんせ現役でミート86Aはギータ、秋山くんくらいです。そして、守備がどこでも守れるのもでかい。 難しいかもですが、捕手近藤くん再挑戦が実現すれば、やばい打線が仕上がります。捕手能力は置いておいてね。でも、DHとしてももちろん申し分なし!

【プロスピA】鈴木 尚典(S)2018 Series2 OB[横浜DeNA]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。マシンガン打線の象徴。首位打者。この方は顔もフォームもちゃんと似てます。何よりミートの高さ。ただ守備が残念なのと、DeNA的には筒香選手との被りがあったり、使い方がちょっと難しいかも。。でもアベレージヒッター持ちは貴重です!

【プロスピA】大島 洋平(S)2018 タイトルホルダー [中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点2018 Series2 タイトルホルダー(GG賞)から大島選手です。(児島だよ!) 足の速いアベレージヒッターも、月日が経つのは早いものでもうこの人もベテラン。京田選手とのコンビが来シーズンはNEO7とのトリオになるのか。新しい風はもちろん楽しみですが、松坂投手といい、ベテランと若手の融合で中日も魅力あるチームになっていきそうなワクワク感ですね。

【プロスピA】秋山 翔吾(S)2018 ベストナイン [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018年シーズンも大活躍でした。アベレージヒッターはご存知の通り、守備もとても上手い。数値を見た感じ、ミート力が高すぎて長打力がなさげに見えるかも知れませんが、弾道が高弾道のこともありホームランもよく打てます。称号がつけばミートパワーAになれる!柳田秋山の両選手がいるうちは、パの打撃部門は半端ないですね。センターは良い選手たくさんいますが、秋山選手は固定でいくべきでしょう。

【プロスピA】野村 謙二郎(S)2018 Series2 OB [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。三連覇への道筋を作ったと言っても過言ではない背番号7。がんばれ堂林くん。 野村さん、Aこそないものの全て79B。ほぼオールAと言っても過言ではないっす。ショート一択なので、坂本勇、松井稼など争うのも名選手ですが、特殊能力に盗塁もあるので、ぜひとも欲しい選手ですね。広島はOBが強い!特に打者!

【プロスピA】谷 佳知(S)2018 Series2 OB [オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。谷選手といえばオリックス時代、イチロー選手、田口選手との半端ない外野陣が印象的ですが、この2003年はオリックスの暗黒時代。。でも、そんな時代でも活躍した谷さん。打率350です。ちなみにこの年の打率1位は360で小笠原(日)さん(ヒゲ)。 巨人時代の木村拓也選手へのホームランといい伝説の選手ですね。

【プロスピA】張本 勲(S)2018 Series2 OB [日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。尾崎投手に続いてのモノクロ1970です。まだまだテレビでも目にする機会の多い喝おじさんですね。日頃のご意見に関しては思うことは多々ございますが、能力は申し分なしです。見てくださいこのミート88A。シリーズ2に関してはナンバーワンです。現役では秋山、柳田、近藤の3選手が85Aなので抜けてます。とてつもないアベレージヒッターですね。ただし守備力には喝!

【プロスピA】近藤 健介(S)2018 Series2 [日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。2018ベストナインにも選ばれています。DHで。ナイスミート力。プロスピではDHは難しい問題ですが、間違いなく候補に上がる選手ですね。そしてどこでも守れるのは守れるますし。捕手近藤、再び挑戦するのでしょうか。もし打てる捕手としていくならば、古田、城島、ノムさん、阿部ちゃんという捕手4強に風穴あけるず!

【プロスピA】大島 洋平(S)2018 Series2 [中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。足の速いアベレージヒッターも、今年はゴールデングラブ賞獲得しました。しかし、月日が経つのは早いものでもうこの人もベテラン。京田選手とのコンビが来シーズンはNEO7とのトリオになるのか。新しい風はもちろん楽しみですが、松坂投手といい、ベテランと若手の融合で中日も魅力あるチームになっていきそうなワクワク感ですね。

【プロスピA】青木 宣親(S)2018 Series2 [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。日本球界復帰後、ミートは健在でした。背番号23をつけて走り回る姿はやはり格好いいですよね。素晴らしい3割越え。ヤクルト2位。すげーよなー。見ているだけだとまだまだ活躍期待できます。年齢関係なし!ちなみに特殊能力の超アベレージヒッター、固め打ち、選球眼っていうのは西武秋山くんと同じ。

【プロスピA】秋山 翔吾(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018年シーズンも大活躍でした。ベストナインに最多安打にゴールデングラブ賞。アベレージヒッターはご存知の通り、守備もとても上手いですね。数値を見た感じ、ミート力が高すぎて長打力がなさげに見えるかも知れませんが、弾道が高弾道のこともありホームランもよく打てます。アベレージヒッターの固め打ちでリーグオーダーにもいい選手です!