NEW! B9&TH 第1弾 俺的ランキング!

超パワーヒッター

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】ロペス (S) 2019 B9&TH [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。守備うまロペス選手。雨天中断時のスマイルが素敵。ただシリーズ2からですが、ご自慢の守備適性がB → Cへ。ついでにミートも若干マイナス。これが悲しみ。
2019 S2

【プロスピA】坂本 勇人 (S) 2019 B9&TH [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。打つでも、投げるでも、守るでもない。そう、ガッツボーズ&スマイル!今シーズン、本塁打40本で何度目かの覚醒。成長に終わりなし!
2019 S2

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。綺麗な奥様とのご結婚、そしてプレミア12の大活躍。ちょっと敵なしプレーヤーとなってきました鈴木誠也選手。今シーズンは首位打者も獲得してミートとパワーもこんなものではない!
2019 S2

【プロスピA】大田 泰示 (S) 2019 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。ついに億プレーヤーになった大田さん。巨人からの移籍時には正直思いもしなかった大活躍。前シリーズから弾道がパワーヒッターになり、強打の2番打者からついに4番も射程圏内となってきました。
2019 S2

【プロスピA】ブラッシュ (S) 2019 シリーズ2 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。今シーズン割と登場したブラッシュ選手!爆上がりです。まさにブラッシュアップ!やはり外国人助っ人にはパワーは必須!そんな象徴の選手。
2019 S2

【プロスピA】松田 宣浩 (S) 2019 バトルスタジアム [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。写真もアツァーーーオーーー(拳)! 昨シーズンのベストナインは守備もよし。ベテランになっても、やはり現役サードではこの方の存在感はすごし。
2019 S2

【プロスピA】松井 秀喜 (S) 2019 OB [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ぱいっ!きました、世界が誇るサラサラヘアーことHIDEKI MATSUI。またの名をゴジラ。ずっと変わらないあの髪型も伊達じゃないですが、東京ドーム看板直撃のパワーは伊達じゃない。
2019 S2

【プロスピA】デスパイネ (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。デスパウィーネー!選手は今シーズンDHでベストナインにカットイン。圧倒的パワーは健在。前シリーズよりざっくりミートアップしてます。
2019 S2

【プロスピA】長嶋 茂雄 (S) 2019 OB [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。プロスピでもホームランを打ったら見えます。看板で。みなさん、SECOMしてますか?圧倒的打力に説明は必要なし。というか、能力よりも欲しくなる理由がある国民栄誉賞。
2019 S2

【プロスピA】ソト (S) 2019 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。2年連続ホームラン王。2年連続40本以上。めっちゃ飛ぶパワー84Aはまさに球界最高峰。ただ残念ながらミートが77Bから72Bにダウン↓
2019 Series 2

【プロスピA】山田 哲人 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。プレミア12での見事なホームラン。そして何よりもヤマーダテツト!の大声援はやっぱり唯一無二。全同値も狙えるナンバーワンセカンド。
2019 S2

【プロスピA】城島 健司 (S) 2019 OB [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。今シーズンは阪神で登場、メジャー帰りの釣りおじさんことジョージ・マッケンジー。やはり突出すべきはパワーなのですが、何と言っても凄まじい強肩80Aからのスローイング81A。文句なし。
2019 S2

【プロスピA】ゲレーロ (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。喜怒哀楽が激しい感じのゲレーロ選手。ベンチでの髪型は独特。
しかし大事な局面でドームランを放り込む姿はドラゴンズ時代そのものでした。特殊能力に代打もあり、そんな使い方もありかも。
2019 S2

【プロスピA】メヒア (S) 2019 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズン終盤、力を見せつけたメヒア選手。強打を誇る西武打線の中でも光ってました。おそらくDHや代打あたりも濃厚ではありますが、キーパーソンが抜けてしまいそうな来シーズン期待は高まります。
スポンサーリンク