超パワーヒッター一覧

【プロスピA】メヒア (S) 2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。和製強力打線の中での助っ人枠、メヒア選手です。なんと言っても強力西武打線。どすこい山川選手も絶好調の中、登場機会をうかがう助っ人。この強力打線が仕上がってきたここ数年、反対に残念ながら成績が落ちています。元々は30本を超える本塁打を打っていた助っ人選手。

【プロスピA】山田 哲人 (S) 2019 セレクション [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ヤクルト、そして球界のスターこと山田選手。 結局皆さんこの人を狙っていると言っても過言ではない選手の一人だと思います。 何よりオールAは魅力です。セカンドは名選手揃っていますが、やはり抜けている選手。 こうして写真を見ると全身を使ってるから、あんなに打球が飛ぶのかと再確認。

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2019 セレクション [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。最高でぇす!鈴木誠也選手。 シリーズ1では80A 81A 72Bでしたが、まだ能力を上げて登場です。能力は申し分なし!練習の虫!まだまだ成長の可能性しかないこの選手、どこまで能力を伸ばしてくれるのかまだまだ楽しませてくれそうな選手。ジャパンのライトは決まりでしょう。

【プロスピA】ブラッシュ (S) 2019 セレクション [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。今シーズンすでに3度目の登場、ブラッシュ選手! ただシリーズ1通常では59D 77B 65Cからの69C 80A 66Cとなってます。 まさにブラッシュアップ! もう写真ではつっこまないぞ!と誓うくらい見慣れてきました! 打ち始めると止まらないホームランブラッシュ。

【プロスピA】ゲレーロ (S) 2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。プロスピ能力は素晴らしいながらも、育てていくのには正直不安もつきまとうゲレーロ選手。 シーズン序盤は素晴らしい活躍でした。まさにドラゴンズ時代のゲロゲーロ。 しかしながら、チームの調子向上とともに再調整に入ったそんな印象です。 また後半戦、シーズン序盤のような活躍があるのか。

【プロスピA】バレンティン(S) 2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。もちろん圧巻の強打者バレンティン。個人的にTSバレンティンを見てるのがタチが悪い。 ちなみにTSバレンティン81A 89A 67Cの圧巻の能力でした。 もちろんそれこそTSなのですが、現在のバレンティンも素晴らしいのですが若干ミートが足りないような錯覚を起こす贅沢病。

【プロスピA】阿部 慎之助(S)2019 TS [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。プロスピでキャッチャーを探すとき、必ず上がってくるのこの選手。いまだ現役。もちろんキャッチャーではなくても勝負強い打撃は健在です。OBからは古田さん、城島さん、野村さん、田淵さんなどいらっしゃいますが、いまだ現役で限界突破のしやすさのあるハンパないキャッチャーはこの方くらいではないでしょうか。

【プロスピA】ロペス(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。昔から変わらないからか、そこまでベテラン感を感じないベテランロペス。 同級生にもそんな子っていますよね。 もはや打撃の素晴らしさ、今シーズンエラー記録しましたが、圧巻の守備力。 もう一塁手として申し分なしの選手です。 軽く打ってるように見えるのにスタンドを超える技術とパワー。

【プロスピA】T-岡田(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。T! かつての本塁打王もそれは2010年のこと。約10年前。 若干22歳で飛ばしまくってました。 あれから約10年、浮き沈みのある成績ではありましたが打った時の迫力は健在。 ルーキー中川選手の台頭もありながら、代打の神様にはまだ若い。

【プロスピA】デスパイネ(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。聞こえてくる、デスパ・・・ウィーネー!(体柔らかい) 圧倒的パワー、弾道はまるでかつてのタイロンウッズ(中)! もうNPBも長いですが限りなくホークスの大砲。 守備力的にも左翼手よりはDHでの起用になりそうですが、パワーは間違いなく球界トップクラス。 パワーヒッターが欲しい方にはウィーネー!

【プロスピA】ウィーラー(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。楽天のファニーボーイ、ウィーラー選手。 シーズン序盤は寒さもあり、マスクマンと化してましたが、ここではフェイスくっきり。 ヒゲのラインもくっきり。残念ながらパワーAにはのってませんが、ホームランは出てます。 称号までいければ見栄えは化ける!

【プロスピA】レアード(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。日ハムでも食べてましたが、今シーズンは釣って捌いて食べてます。 そして、何と言っても今シーズン絶好調!どのくらい寿司を握るのか。 今シーズンの活躍で、おそらく能力がよりアップするであろう期待を込めて!

【プロスピA】松田 宣浩(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。アツァーーーオーーー(拳)! 昨シーズンのベストナイン。もちろんご存知でしょうが守備もよし。 OBを使わず現役でのサードなら間違いなく選択肢に入ってくる選手。 怪我人たくさんのソフトバンクの中で、元気にパチパチされてます。 超パワーヒッターなので貴重!!

【プロスピA】バレンティン(S)2019 シリーズ1 TS [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ついに、そして久々に来ました!このワクワク系の能力。つまりパワー89A! ちなみに世界の王さんも89A!シーズンではバレンティンが上回っているので、この能力も申し分なし。 しかし、写真やばいですね。確信歩き。確信ウォーク。なんとかゲットして、称号にのせてパワーSにしたい!いや、パワーSに俺はする!

【プロスピA】栗原 健太(S)2019 シリーズ1 TS [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。新井さんの抜けた後、広島の4番といえばこの方!パワー型ではなくミート型ですが、弾道は超パワーヒッター。個人的にプロスピではミートが高い選手は大きいのも打てる印象。 つまり、ミートがここまで高いパワーヒッターは大きいのも打てる期待値大!!

【プロスピA】ソト(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ホームラン王。この打力のセカンドなんて、横浜時代のローズ以来。実際のところライトの方が適性は高いですが、セカンド守れるなんて最高だぜ。 DeNAの外国人選手の活躍っぷりはすべてラミちゃんマジックだと思っちゃう僕ですが、プロスピでも上位にくるフォームの反映度合い(多分)。このハイパワー、狙っていきましょう!

【プロスピA】山田 哲人(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。実際みなさんこの方を狙っているといっても過言ではないかと思います。トリプルスリーのトリプルエー。まさにAAA。ロマンしかないですね。 プレステ時代のパワプロでもオールAと言えば松井稼頭央さんでしたが、もはやギータとともにオールAのバッター二人が見れる現在はまさに歴史を見ているといっても過言ではないかと思います。

【プロスピA】鈴木 誠也(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。同値ではありませんが、ついにミートもAに乗りました!パワーもう少しあっても良さげですが、昨シーズンからはミート・パワーともに+1ですね。ついでに背番号も1。オープン戦で見ても、ガタイがどんどん大きくなってますね。今年あたりタイトル争いに加わってくれるでしょう。

【プロスピA】ロメロ(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンは本塁打は流石の本数でした!オープン戦でのケガでまだ復活できてはないですが、しばらくは代打で登場でしょうか。まだまだシーズンこれからなのでわかりませんが、称号がつけばパワーAに乗る打力で規定打席に届けばホームラン量産もありそうです。

【プロスピA】山田 哲人(S)2018 侍ジャパン [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018ベストナイン(最多盗塁も)で獲得できなかった方には超朗報ですね。 今年もトリプルスリーなるか。山田哲人選手です。 オールAで、しかもやばいぜ数字が。パ・リーグのオールAギータも侍JAPANでも登場予定ですが、山田くんのこのパワーと何より走力83Aも、もちろんすごいですね。