超対ピンチ◎一覧

【プロスピA】砂田 毅樹(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。普段は可愛い写真はいかつい、どんな場所でも投げている印象のある砂田投手。若手左腕が豊富なDeNAの中でも中継ぎ特化型としては貴重な存在。全方向にある変化球の中、スライダーが際立ってます。 これからまだまだ伸びてくるであろう存在。ゲットすれば育てたい!

【プロスピA】中尾 輝(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。とても球種の少ない投手で、ゲーム的に使い勝手が中々難しのが正直なところ。 実際の試合でもこの球種で乗り切ってるということは、それぞれの球種の質が高いのでしょう。 左腕を補強したい方にはいいかもです。

【プロスピA】松永 昂大(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。サイド気味からの速いストレートとスラーブの大きな変化は魅力的。球種も豊富。 能力の高い中継ぎ陣は右腕が多くなりがちですが、貴重な左腕。 使ってみるととてもいい投手だと実感する投手です。操作性高し!!

【プロスピA】浦野 博司(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。毎度投手適性の高さに驚かされる投手!先発・中継ぎ・抑えどこも限界突破なしで可能です。 スタミナ的なものはありますが、球威と制球の同値も可能。 どの配置でも起用できるので、まだまだ投手が足りていない方にいいかも。

【プロスピA】菅野 智之(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。説明不要!!このままいけば全てオールSになるのではないかという、着実な成長。 入団を拒否した当時はまさかここまでの投手になるとは。コストも圧巻の29! ギータもコスト29になるのでしょうか。当たったら当然オーダーに入る球界ナンバーワン投手!!

【プロスピA】小川 泰弘(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。入団直後の素晴らしい活躍から近年は8勝くらいの安定した勝ち星。 変化球として、鋭いカットと右投手には珍しい気のするチェンジアップ。 実際にとても使いやすい投手。称号まで進めるなら全同値も制球とスタミナの同値も可能!

【プロスピA】山岡 泰輔(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。個人的に顔はK-1選手感あり。今シーズン、山本くんがナイス投球をしまくってますが、この方もしっかり投げています。リアル対戦でも気になるのが大きな縦スラ。あれは使いたい。 正直もう少しストレート系に威力が出てくれば申し分ないのですが、決め球以外が少し弱い気がしてしまう。

【プロスピA】三浦 大輔(S)2019 シリーズ1 TS [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。足上がってます。今もマウンドに入る姿を見ると自分が投げるのかなというくらいのスリムボディ。 現役終盤、ギータに打たれたハマスタ電光掲示板直撃がなぜか印象的ですが、素晴らしい制球力とスタミナです。ただし、番長といえばのスローカーブがゲーム的には少し打ちやすかったりするので、評価は残念ながらの9.0。

【プロスピA】久保 裕也(S)2019 シリーズ1 TS [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。抑えもそうですが、中継ぎでも活躍の印象です。個人的にはジャイアンツ時代はもちろん、移籍後の楽天の印象も強い投手です。何と言ってもフォークでしょうか。 中継ぎ、抑えともにフォークのある投手は抑えれます。球威も称号次第でAに!

【プロスピA】中崎 翔太(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。広島からヒゲ男子中崎投手。この数年の登板疲れからか、個人的には少し捕まる印象も。そして残念ながら球威もAから79Bへと下がってます。ただし寸評でもいじられているサインを確認する時のあの顔、威圧感への期待は高まるばかり。しかし、中崎投手登場の2019.4現在、どこかで上昇気流には乗るでしょうが、どうした広島状態。歓喜の輪の中心にいた投手、がんばってほしい!

【プロスピA】増井 浩俊(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。オリックスから増井投手。個人的にはこの方のフォークがプロスピ現役最強の予感。千賀投手のおばけフォークほどの落差ではないのが逆にちょうどいい落ち方(個人差あります)。抑えとはいわずも、限界突破をして中継ぎで起用も考えていただきたい投手のひとり。

【プロスピA】石川 直也(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。日ハムから石川投手。フォークがSFFになったりしてますが、変化量的にも良くなってます。試行錯誤中の日ハム流オープナー、この方から始まる日もあるでしょうか。増井投手の抜けた穴はやはり落ちる球メインの投手で埋めたいところ。

【プロスピA】パットン(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。足上がりますね。すごい。そのかいあって(?)球威がAにのっております。こういう自チームDeNAの方には外せない選手の能力が上がるのはとても羨ましい。球威Aでガンガンいきたい方にとっては制球74Bも魅力!

【プロスピA】宮西 尚生(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。もう相変わらずと言っていいでしょう。相変わらずかっこいい。写真映えしますね、この方は。能力的にも球威81A。制球が-4きてますが、球威でいけるでしょう。ちなみに第二変化球のスラーブの曲がりが大きくなってます。とにもかくにも、使いやすい。コツを掴めば三振取りやすい。個人的におすすめの投手。

【プロスピA】森 唯斗(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ソフトバンクから森投手!ついにきました標準で球威A。昨シーズンまではタイトルホルダーで79B。日本シリーズでの活躍はもちろん、今シーズンも打てる気がしない抑えとして大活躍。サファテはもちろん実績ありますが、ルーキー甲斐野くんなど、豊富な中継ぎ陣の中でもついに頭ひとつ抜けた信頼感。

【プロスピA】マーティン(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。今シーズンも中継ぎで登場、マーティンです。背がでかい。リアルでは割と打ちにくそうですが、プロスピでいうと、球威Aには及ばずで球種的にも他の協力中継ぎ陣と比べたらすこーし特徴が難しいかも。。

【プロスピA】アドゥワ 誠(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ムービングファストとスローカーブとチェンジアップというゲームでは使いづらさ満載の球種ですが、球威は上がってきてます。このまま球威が上がれば使いやすくなるのか?そうなのか!?実際阪神の桑原投手もムービングファストとスライダーだけなので、いけるのでしょう。それにしても迫力出てきましたね写真も。

【プロスピA】青山 浩二(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。楽天の投手といえばこの人という印象。ベテラン生え抜き投手。失礼ながらこの歳で球威も球速も上がっています。イチロー選手の引退など、いつかは現役から退く日があるとしても、こんな風に伸びる方を見るとワクワクします。中継ぎとしてまだまだ魅力的!

【プロスピA】公文 克彦(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。大田くんとともにジャイアンツから移籍してきて大活躍。チームの変更、つまり転職も時には大事!素晴らしいスライダーを持ってますが、スライダーとシュートのみとシンプル!ゲームで打ち取るのはなかなかむずそう!スライダーを極めて岩瀬投手のようになるのだろうか。