NEW! OB第1弾俺的ランキング

超対ピンチ◎

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】牧田 和久 (S) 2019 ワールドスター [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。今シーズン、ホークスの高橋礼投手が活躍されましたが、アンダースローが世界で通用するのを証明してくれたのはこの投手。球速こそはないものの、やはり決め球のシンカーは打ちにくい。
2019 S2

【プロスピA】菅野 智之 (S) 2019 アニバーサリー [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。今シーズン誰もが目を疑うシーンが焼きついた、菅野投手。見解はさまざまですが、豊富な変化球は圧巻。ただし、変化量・威力など少し寂しい仕上がり。
2019 S2

【プロスピA】柳 裕也 (S) 2019 アニバーサリー [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ついに中日に右エースの登場。初の二桁勝利から来年へまっしぐらでしょう。右のエースとして定着なるか。中日枠、投手としては有力であります。
2019 S2

【プロスピA】岡田 俊哉 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。個人的には2017年のWBCの時の、顔面蒼白がいまだに忘れられないのですが、あの当時とは別人の投げっぷり。抑えも可能。
2019 S2

【プロスピA】一岡 竜司 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。広島の中継ぎ(日本人)といえば一岡投手、と言うくらいの存在に。ただ近年の投げまくりが原因なのか、少しバテた様子の今シーズン。佐々岡新監督のもと、飛躍はあるのか。
2019 S2

【プロスピA】モイネロ (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。球威は79Bから81Aへと大幅アップ。速い球とチェンジアップの組み合わせはやはり秀逸。何より今回から圧巻は縦スライダー。
2019 S2

【プロスピA】マーティン (S) 2019 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。球界でも随一の高身長に違いなし2mmマーティンです。リアルで見てると打ちにくそうですが、プロスピでいうとすこーし特徴が難しいかも。。
2019 S2

【プロスピA】メルセデス (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンほどの安定性ではなかったものの、バランスのいい変化球は健在。良いか悪いかは別として、普通に使えるそんな投手。中継ぎ適正がなくなってるのが残念。
2019 S2

【プロスピA】床田 寛樹 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。シーズン序盤の勢いは残念ながら落ちてしまいましたが、投げればいい投手だという印象は頂きました。床田投手はどんな成長曲線を描いてくれるのか。
2019 S2

【プロスピA】榊原 翼 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。闘志溢れる系投手の榊原投手。魅力溢れるオリックス若手投手陣に食い込んでいます。伸びしろを感じる直球と突如大きなカーブ。魅力溢れる闘魂ピッチャー。
2019 S2

【プロスピA】ロドリゲス (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。中日からロドリゲス投手。最近多くなってきた感のある外国人左腕の豪速球型。同じチームの大野投手同様、ツーシームは威力抜群。そこにチェンジアップが合わさればロドリーな緩急完成。来シーズンはどこのチームにいるのか(疑)。
2019 S2

【プロスピA】宮西 尚生 (S) 2019 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。前回、前々回と写真映え半端なかった宮西さん。今シリーズでは若干普通の仕上がりなのが少し残念。でも、相変わらずかっこいい。能力的にも球威81A→82A。と微アップながら上がってます。制球は68C→73Bでかなりアップ!
2019 S2

【プロスピA】ジョンソン (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。個人的に顔も好きだが投げ方も好き。あとスパイクカーブで三振も気持ちいい。カットボールとスパイクカーブがキモになってくるでしょう。
2019 S2

【プロスピA】本田 圭佑 (S) 2019 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。西武のホンダケイスケ投手。そうケイスケホンダ。繋がる打線とは対極に、西武投手陣はまさに個の時代。
スポンサーリンク