超捕手◎一覧

【プロスピA】梅野 隆太郎(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。昨シーズンはゴールデングラブ、そして今シーズンはサイクル安打と上昇気流真っ只中。 やはり元捕手の矢野監督の影響もあるのか(?)。能力も昨シーズンより大幅アップしています。何より守備適性がいいです。甲斐くんのような、ずば抜けた肩力94Sはないものの、安定した能力は嬉しい。

【プロスピA】伊藤 光(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。オリックスから移籍した昨年、こんなにできる選手だったのかという驚きもありました。 何と言っても捕手らしい選手(個人的に)。今シーズンも正捕手として君臨中。 プロスピ能力的には正直、捕手適性(スローイングと肩)がもう少し欲しいところ。

【プロスピA】炭谷 銀仁朗(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ジャイアンツには何があるのか、それを知るためにやってきました炭谷選手。 銀仁朗時代の強肩も健在。下半身の太さは岡本選手と並ぶと圧巻。ジャイアンツから捕手として小林選手が1回目に登場しないのは久々でしょうか。原ジャイアンツの要となるか。

【プロスピA】中村 悠平(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。捕手能力には申し分なし!!毎度ながら現役捕手にどこまで求めるか(求めたいけど)。やはりヤクルトの捕手で一番しっくり来るのは今年も来るでしょう、古田さん。しかしながら、歴史に名を連ねる人との比較は野暮なもの。今シーズンは松本選手の出場などもありつつ、まだ正捕手はこの方。

【プロスピA】嶋 基宏(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。野球の底力、今も感じています。月日は流れましたが、また楽天の優勝が期待できそうな2019,4月現在。嶋選手のスローイングについて、大丈夫かと取り上げられたりしてますが、プロスピでは69C。 ベテラン枠へと足を踏み入れてるので、肩力など少しずつ落ちては来るでしょうが、やはり守備適性は高し!

【プロスピA】田村 龍弘(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まさに伸び盛りの選手!代表にも選ばれてます。打力は弾道が低弾道であったり、少し物足りなさはあるものの、安定した捕手能力です。今シーズンは好リードも光ってます。 西武森選手がある意味異常で、この選手もまだまだ若い。これからのより活躍に期待!

【プロスピA】若月 健矢(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。印象としては毎度ですが、スローイングは怪しいが肩は強い。割とそんな能力になってます。 まだまだ若いのでこれからの伸びしろに期待の選手ですが、安定感増してきてる気はします!キャノン、バズーカなど様々ですが、若月選手にもそろそろ名前つくでしょうか。

【プロスピA】甲斐 拓也(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。そろそろ育成上がりではなく、日本シリーズMVPと語られる日が来るのでしょう。 その日本シリーズでも衝撃でしたが、何と言っても肩94S。圧巻。ちなみに2018S2古田さんが同じ94Sなのでそう言うことですね。昨シーズンは-4でしたが今シリーズから並びました!すごい!

【プロスピA】甲斐 拓也(S)2018 侍ジャパン [福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。2018ゴールデングラブ賞の侍JAPAN甲斐選手です。 日本シリーズでの活躍も凄まじかったですが、育成上がりでGGまで上り詰めました。ホークスの捕手はOB含めれば城島さん、ノムさんなど豊富ですが現役での捕手にこだわりのある方は甲斐キャノンSにかけてみるのもいいですね!

【プロスピA】古田 敦也(S)2018 Series2 OB [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。ついに登場というのがいいと思います。待ち焦がれた方も多いはず。能力については説明不要。何故にコストが26なのか、それしか疑問はございません。パワーも称号でA可能、ミートとパワーの同値も可能。ノムさん、ジョージ・マッケンジー、捕手復活の阿部さんなどいらっしゃいますが、守備力では抜けてると思います。

【プロスピA】梅野 隆太郎(S)2018 タイトルホルダー [阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。阪神からは唯一の選手。能力は意外にも?走力型です。2019年シーズンは、甲斐キャノンならぬ梅ちゃんバズーカを見て欲しいと本人もテレビで言ってましたので期待しましょう。捕手枠では、第一弾で會澤選手、甲斐選手、第二弾で森選手、そのあたりと比較すると多少弱いですが、スピリッツ3000は魅力でしょう。

【プロスピA】甲斐 拓也(S)2018 タイトルホルダー [福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。2018 Series2 ゴールデングラブ賞から甲斐選手です。 日本シリーズでの活躍も凄まじかったですが、育成上がりでGGまで上り詰めました。ホークスの捕手はOB含めれば城島さん、ノムさんなど豊富ですが現役での捕手にこだわりのある方は甲斐キャノンSにかけてみるのもいいですね。

【プロスピA】鶴岡 慎也(S)2018 Series2 [日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。個人的にはダルの恋女房という印象。あともう一つ個人的に古巣に戻る方、好きです。そこに色々な感情があると思いますが、海外にしても他球団にしても、最後は古巣に戻る。いいと思います。ベテランですが、日本ハムでのTSなどでも登場の可能性が高い選手ですね。

【プロスピA】谷繁 元信(S)2018 Series2 OB [横浜DeNA]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。なんか数字では表せない凄さがあるのだろうと思ってしまう選手ですね。配球◎とか、それが超捕手◎なんですが。打率とか盗塁阻止率とか数字で計算するときっとこの通りなんだろうけど、走られたくない所で刺していたあの感じは何らかの形で欲しい。(意味不明)

【プロスピA】里崎 智也(S)2018 Series2 OB[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。ロッテを中継で観ることは少なかったので、里崎選手を見るのはCS、日本シリーズ、WBCなどでした。その時のすごい活躍の印象があるので、意外にも捕手適正もこんなもんなのかーという印象が正直なところ。でもみなさんおそらく悩まれている捕手にとって、安定した能力は魅力ですね。

【プロスピA】中村 悠平(S)2018 Series2 [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.0/10点。この人も日本を代表するくらいの守備適正だと思っています。現に優勝した年も活躍していました。 ヤクルトの捕手といえば古田、相川など代表的な人たちもいましたが地味ながらこの人の能力は高いはず。でもDというのは見た目がやっぱり残念な気になる。

【プロスピA】小林 誠司(S)2018 Series2 [読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 7.0/10点。話題にもなったWBCでの意外性。世界のKOBAYASHI。でも帰ってきたらいつもの小林。捕手適正は申し分なし。打力には申し分あり。でも、キャッチャーを控えに1人入れて捕手2人制がOKな人はこの捕手適正ありなのではないか、と思ったりもしている。

【プロスピA】梅野 隆太郎(S)2018 Series2 [阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。捕手型というか、捕手としての守備適正を見れば文句はなし。でもやはり打力も欲しい。 バント◯という、いかんせんリアル野球に必要な適性はゲームにはそんなにいらない(多分)。 矢野、城島から現れぬ捕手陣にようやく100試合越えの選手が現れたものの、まだ満足感はない。

【プロスピA】田村 龍弘(S)2018 Series2 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。きっちり掴もうとしている正捕手の座。井口監督にお叱りいただいてましたが、光星学院時代の阪神北条とのクリーンアップは魅力的でした。プロに行けば打力は物足りないものの、里崎以来の正捕手生まれるか。