NEW! セレクション第1弾 登場選手更新中!

超捕手◎

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】矢野 輝弘 (S) 2020 TS [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。矢野ガッツ前の矢野さん。やはりイケメン。チャンスに強いバッティングかつ捕手能力も安定的なものがありながら、やはり魅力溢れるのはアベレージヒッターでもあること。
2020 S1

【プロスピA】小林 誠司 (S) 2020 エキサイティング [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。エキサイティングプレーヤーの特殊能力「白熱」もあり、サプライズがなくなるのか!?と心配しましたが、無事サプライズついたままです。
2020 S1

【プロスピA】中嶋 聡 (S) 2020 TS [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。星野伸之投手のスローカーブを素手でキャッチした男、中嶋選手。個人的には日本ハムの印象が強くありますが、強かった懐かしのオリックスブルーウェーブ時代を支えた捕手です。
2020 S1

【プロスピA】高城 俊人 (S) 2020 新戦力 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。シュートさん。オリックスを戦力外となり、再び横浜に戻って来られました。トレードではありましたが、やはりDeNAのユニフォームが似合います。
2020 S1

【プロスピA】嶋 基宏 (S) 2020 TS [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。野村監督が教えた最後の捕手こと嶋選手。3月に骨折がありましたが、こんな状況なので、いつになるかわからない開幕ですが、その時に嶋選手の登場もあるかもです。
2020 S1

【プロスピA】中村 悠平 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。ヤクルトの捕手といえば、新喜劇の座長川端さんこと中村選手。捕手能力と肩は申し分なし。個人的に、ガツンと大きいのも打てるイメージ(特殊能力に意外性あり〼)。
2020 S1

【プロスピA】會澤 翼 (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。打てる捕手の代名詞、守備的な部分で言うと若干の物足りなさは正直あるものの、打力は超魅力。そして何よりゲームでも打ちやすい。
2020 S1

【プロスピA】梅野 隆太郎 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ついに1億円プレーヤー、梅野選手。守備力はゴールデングラブ賞も板についてきた感じで申し分なし。特に体を張った捕球は素晴らしい。
2020 S1

【プロスピA】伊藤 光 (S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。DeNAのDNA、伊藤選手。前シリーズではミート70Bがあり、見栄え的にもいい感じでしたが今シーズンは残念ながらオールC。ただDeNAらしく思いっきりの良いスイングでナイスな打球飛んでます。
2020 S1

【プロスピA】小林 誠司 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。今シーズンでの闘いでは、世界のKOBAYASHIことセイジコバヤシは若干控えめな気はしましたが、プロスピでの存在感は相変わらず。ご存知特殊能力サプライズを今シーズンも健在です。
2020 S1

【プロスピA】若月 健矢 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。素晴らしい若手投手陣たちを引っ張る若月選手。昨シーズン、捕球とスローイングの大幅アップを果たしてから、安定の捕手能力は健在。肩力86Aは超魅力。
2020 S1

【プロスピA】清水 優心 (S) 2020 シリーズ1 [日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。次第に正捕手感出てきました清水選手。一概には言えないものの、やはり若い頃から出ている選手は伸びてくるのか、オールCでの登場です。見栄えはやっぱり大事。
2020 S1

【プロスピA】田村 龍弘 (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。ロッテの22、田村選手。ドラ1の佐々木朗投手のような素材一級品を育てるのは吉井コーチだけではない。きっと田村選手もでしょう
2020 S1

【プロスピA】甲斐 拓也 (S) 2020 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。やはり守備の要と言えばこの方。パ・リーグのベストナインです。今シーズンも甲斐キャノン炸裂はしてましたが、何と言ってもそれだけではなく打撃部門の伸びを感じる1年。ホームランもなんと二桁。
スポンサーリンク