超捕手◎一覧

【プロスピA】里崎 智也(S)2018 Series2 OB[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。ロッテを中継で観ることは少なかったので、里崎選手を見るのはCS、日本シリーズ、WBCなどでした。その時のすごい活躍の印象があるので、意外にも捕手適正もこんなもんなのかーという印象が正直なところ。でもみなさんおそらく悩まれている捕手にとって、安定した能力は魅力ですね。

【プロスピA】中村 悠平(S)2018 Series2 [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.0/10点。この人も日本を代表するくらいの守備適正だと思っています。現に優勝した年も活躍していました。 ヤクルトの捕手といえば古田、相川など代表的な人たちもいましたが地味ながらこの人の能力は高いはず。でもDというのは見た目がやっぱり残念な気になる。

【プロスピA】小林 誠司(S)2018 Series2 [読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 7.0/10点。話題にもなったWBCでの意外性。世界のKOBAYASHI。でも帰ってきたらいつもの小林。捕手適正は申し分なし。打力には申し分あり。でも、キャッチャーを控えに1人入れて捕手2人制がOKな人はこの捕手適正ありなのではないか、と思ったりもしている。

【プロスピA】梅野 隆太郎(S)2018 Series2 [阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。捕手型というか、捕手としての守備適正を見れば文句はなし。でもやはり打力も欲しい。 バント◯という、いかんせんリアル野球に必要な適性はゲームにはそんなにいらない(多分)。 矢野、城島から現れぬ捕手陣にようやく100試合越えの選手が現れたものの、まだ満足感はない。

【プロスピA】田村 龍弘(S)2018 Series2 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。きっちり掴もうとしている正捕手の座。井口監督にお叱りいただいてましたが、光星学院時代の阪神北条とのクリーンアップは魅力的でした。プロに行けば打力は物足りないものの、里崎以来の正捕手生まれるか。

【プロスピA】清水 優心(S)2018 Series2 [日本ハム・ファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.0/10点。大野選手が中日へ移籍して、狙うは正捕手。名投手の陰に名捕手ありと言いますが、ダル、大谷と巣立った名投手の陰には誰がいただろう。鶴岡、大野、その昔には高橋信二。キャッチャーって育てるの難しいんだなぁと育成の上手なチームを見ればみるほど感じるよね。

【プロスピA】若月 健也(S)2018 Series2 [オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.0/10点。印象はズバリ強肩。伊藤光くんがDeNAへ移籍した今、チャンス!このチャンスを掴むのか否か。印象として、オリックスほど印象深いキャッチャーがいない球団も珍しいような気もしている。今年あたり、大阪桐蔭のキャッチャー小泉くんを取ってみるのはどうでしょう。

【プロスピA】甲斐 拓也(S)2018 Series2 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。育成上がりの強肩捕手という認知度は間違い無いですね。肩力Sというのは魅力。 対戦でもなんでも、キャッチャーが甲斐くんの時は盗塁躊躇するもんね。 そんなことがリアル野球でもあるのでしょう。守備を固めるならば甲斐くんでOKでしょう。