NEW! 俺的 抑えランキング!

2019 S2

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】小林 誠司 (S) 2019 侍ジャパン [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。世界のKOBAYASHI選手は、侍ジャパンでも5回以降の出番でパワーがA、弾道がパワーヒッターになる特殊能力サプライズをひっさげて登場です。
2019 S2

【プロスピA】甲斐 拓也 (S) 2019 侍ジャパン [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。来シーズンから背番号19を背負う甲斐キャノンさん。ノムさんを継いでいくであろう名捕手感は出ております。肩力はもちろんのこと、次第にバッティングも良くなってきました。
2019 S2

【プロスピA】會澤 翼 (S) 2019 侍ジャパン [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。年々顔面と風格は前田智徳さん。やはり世界と闘うには強肩も必要ですが、リーダーシップも欲しい。そんな時には打てる捕手。
2019 S2

【プロスピA】梅野 隆太郎 (S) 2019 B9&TH [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ついに1億円プレーヤーとなりましたキャッチャー梅野選手。守備力は安定の肩にキャッチングと文句なし。打撃面では奇跡のサイクル安打も達成。
2019 S2

【プロスピA】森 友哉 (S) 2019 B9&TH [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。パ・リーグMVPのキャッチャー森選手。藤浪選手とともに甲子園を沸かせた男がついにここまでの選手になりました。打てる捕手は時折出てきますが、歴代名前が上がる名捕手たちと同じタイトルを獲得。
2019 S2

【プロスピA】甲斐 拓也 (S) 2019 B9&TH [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。来シーズンから背番号19を背負う甲斐キャノンさん。背番号19といえばノムさん。もはや甲斐キャノンさんならぬノンさん。打力がついてくればもう手放せない存在感。
2019 S2

【プロスピA】原口 文仁 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。まず復帰ありがとうございます。心底必死のパッチで戻ってきてくれました。劇的すぎた今シーズンでしたが、来シーズンに向けて春のキャンプを頑張られている姿を見ると本当に凄い事だと再確認。
2019 S2

【プロスピA】古田 敦也 (S) 2019 OB [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。毎年誰もが待ち望んでいる、もはや熱闘甲子園や世界野球での熱い解説にグッとくる、名捕手古田さん。守備面まで含めるとこの方はやはり凄い。
2019 S2

【プロスピA】會澤 翼 (S) 2019 B9&TH [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。セ・リーグの打てる捕手こと広島のバッサー。年々顔面は前田智徳さん。プレミア12で証明してくれましたセのみならず、世界の打てる捕手。能力には反映されていないリーダーシップがあります。
2019 S2

【プロスピA】里崎 智也 (S) 2019 OB [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ロッテの捕手といえば未だこの方の存在感は大きい。WBCでの活躍もあり日本を代表するキャッチャーに違いなし。やはり特殊能力にもある意外性こそがこの方の持ち味。
2019 S2

【プロスピA】城島 健司 (S) 2019 OB [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。今シーズンは阪神で登場、メジャー帰りの釣りおじさんことジョージ・マッケンジー。やはり突出すべきはパワーなのですが、何と言っても凄まじい強肩80Aからのスローイング81A。文句なし。
2019 S2

【プロスピA】梅野 隆太郎 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。今シーズンはサイクル安打も記録。元捕手の矢野監督の影響もあるのか怪我の功名か大活躍。徐々に打率は落ちちゃいましたが、大事な場面での期待は大。
2019 S2

【プロスピA】加藤 匠馬 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。谷繁さん絶賛の加藤捕手。何と言っても強肩、肩力90S。それに加えて特殊能力に超強肩◎。つまり94Sの甲斐くんよりも強くなる可能性もあり!?まさに走れない空気感。
2019 S2

【プロスピA】伊藤 光 (S) 2019 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。DeNAのDNA、伊藤選手。打力大幅アップ!何と言っても捕手らしい選手(個人的に)。捕球とスローイングが物足りなさ満開ですが、打力に光るものあり。
スポンサーリンク