NEW! セレクション第1弾 登場選手更新中!

中日

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】井領 雅貴 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。中日には大島選手の影響もあるのか、あまり大きくないけどヒットメーカー的な人が多いなという印象。社会人→プロでバランス良し。
2020 S1

【プロスピA】小笠原 慎之介 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。下半身の太さはエース級。徐々に大器の片鱗を見せてくれています小笠原投手。今年は残念ながら甲子園のない夏になってしまいましたが、甲子園を制した男、やはり高校時代の投球が忘れられないまだまだ若いここからです。
2020 S1

【プロスピA】山本 拓実 (S) 2020 期待の若手 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。昔は身長も大事だった印象もありますが、中日より登場の山本投手は167cm。大きい投手はもちろん打ちにくいですが、山本投手のように下から伸び上がってくるようなボールも打ちにくそうだなと思います。
2020 S1

【プロスピA】ビシエド (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。ガンガンにホームランを打ってくれる助っ人(4番)も良いですが、やはりジャパンのスモールベースボールという繋ぐ打線を象徴するようなライナーは魅力満載。首位打者を狙えるビシエド選手。
2020 S1

【プロスピA】パウエル (S) 2020 TS [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。外国人OBで登場したパウエル選手ですが、叩き出した半端ない打率で圧巻のミート力を提げての登場です。リーグ戦などアベレージヒッターが生み出す打線は魅力あります。
2020 S1

【プロスピA】平田 良介 (S) 2020 エキサイティング [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。おしりフリプリ打法こと平田選手。通常での登場だと、残念ながらパワーがCになってましたが、イベント登場での+1もありオールBでの登場です。オールB。
2020 S1

【プロスピA】小笠原 慎之介 (S) 2020 エキサイティング [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点 。 下半身の太さはエース級。徐々に大器の片鱗を見せてくれています小笠原投手。今年は残念ながら甲子園のない夏になってしまいましたが、甲子園を制した男、やはり高校時代の投球が忘れられないまだまだ若いここからです。
2020 S1

【プロスピA】ゴンサレス (S) 2020 助っ人外国人 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。中日の助っ人というだけで、やはり期待値は高くなりますゴンサレス投手。どちらかというと安定感がありそうな印象(制球が高いわけではないですが)。
2020 S1

【プロスピA】阿部 寿樹 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。やはり落合さんに認められた打撃センスというものに期待しかない阿部さん。昨シーズンの活躍でミートはもちろんパワーも上昇気流であります。
2020 S1

【プロスピA】与田 剛 (S) 2020 TS [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。ワイドな肩幅から繰り出される豪速球。NHKキャスター時代はお静かな方だと勝手に思い込んでいましたが熱い闘志は本物。チームを代表して審判の方に立ち向かう姿は恐ろしき気迫でした。
2020 S1

【プロスピA】アルモンテ (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。数値的にはミート-2、パワー-3と下がったものの、特殊能力にアベレージヒッターがついて逆に欲しくなるという希な感じのアルモンテ選手。元々魅力的なスイッチヒッター。
2020 S1

【プロスピA】R・マルティネス (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。写真的には2020シーズン1のナンバーワン間違いなさそうなマルティネス投手。変化球としては、落ちる系がガッツリフォークになったことで、超絶使いやすそうな印象。
2020 S1

【プロスピA】平田 良介 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。おしりフリフリ打法こと平田選手。年齢こそ重ねられてますが、まだまだ躍動感あります。なんせ肩力89Aへアップデート。
2020 S1

【プロスピA】大野 雄大 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。昨シーズンの活躍からもう唸りが止まらない素敵なアップデート大野投手です。球威が標準でAにのった喜びはもちろんですが、まさにツーシームの使い手、下への変化もツーシームとなりました。
スポンサーリンク