NEW! OB第1弾俺的ランキング

2019 Series 2

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】高橋 由伸 (S) 2019 OB [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。今後どんなに素晴らしい大卒ルーキーが出てきても、この方と比較されると全員が負けちゃいそうなくらい完成度が凄かった高橋選手。何と言っても綺麗な放物線。まさにアーチスト。
2019 S2

【プロスピA】ゲレーロ (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。喜怒哀楽が激しい感じのゲレーロ選手。ベンチでの髪型は独特。
しかし大事な局面でドームランを放り込む姿はドラゴンズ時代そのものでした。特殊能力に代打もあり、そんな使い方もありかも。
2019 S2

【プロスピA】菅野 智之 (S) 2019 アニバーサリー [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。今シーズン誰もが目を疑うシーンが焼きついた、菅野投手。見解はさまざまですが、豊富な変化球は圧巻。ただし、変化量・威力など少し寂しい仕上がり。
2019 S2

【プロスピA】丸 佳浩 (S) 2019 アニバーサリー [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。もはや1年で巨人の顔、丸選手!CS阪神戦でのセーフティーバントは球史に残りそうな素晴らしすぎる判断力。日本シリーズでも炸裂するのか。
2019 S2

【プロスピA】坂本 勇人 (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ついにきました超パワーヒッター。ついでに広角打法。そしてパワー型で大幅アップ。ジャイアンツ史上最強遊撃手になること間違いなさそうな今年の打ちっぷり。
2019 S2

【プロスピA】田口 麗斗 (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。プレミア12にも選出された、低身長左腕田口投手。やはり田口投手といえば多彩な変化球。今シーズンは主に中継ぎで投げてました。
2019 S2

【プロスピA】ビヤヌエバ (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。巨人の助っ人、ビヤヌエバ選手。なぜビヤヌエバ。ナカジとの争いに買って序盤は活躍。枠の問題など色々とありますが、まだ飛躍があるのか。
2019 S2

【プロスピA】メルセデス (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンほどの安定性ではなかったものの、バランスのいい変化球は健在。良いか悪いかは別として、普通に使えるそんな投手。中継ぎ適正がなくなってるのが残念。
2019 S2

【プロスピA】小林 誠司 (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。世界のKOBAYASHI、ことセイジコバヤシ。と言われたくらい勝負に強い打力はあります。飛ぶときは悠々スタンドインする意外性がついにサプライズという特殊能力で登場。
2019 S2

【プロスピA】ガリクソン (S) 2019 外国人OB [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ガリクソンと言えばガリガリですが、巨人で言えばこの人。変化球はイッツァシンプル!ストレート以外はスラーブとシンカー。果たしていけるのか?
2019 S2

【プロスピA】岡本 和真 (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。シーズン序盤、今年は厳しいのかとも思いましたが、終盤にかけて欠かせない主砲感。やはり4番が似合う下半身。弾道もいつの日かパワーヒッターへ変わりますように。
2019 S2

【プロスピA】マシソン (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。バティスタの処分に物申すマシソン投手!たしかに。病気からの復帰。やはり頼もしい。リア対などで出てきたら嫌になるピッチャーの一人。球は速い、SFFは落ちる。スライダーでカウント取られる。なんとか三振しないのが精一杯。
2019 S2

【プロスピA】大城 卓三 (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。若干の捕手が飽和状態の中、やはり目がいくのは打力。ドームランではまさにホームランを放っている印象のある大城選手。凄いぞ沖縄。
2019 S2

【プロスピA】山口 俊 (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。勝ちに勝っている(しかも負けない)ナイスピッチングの数々。球威とスタミナの82Aは迫力あり。しっかりとしたフォークをどこまで使いこなせるか。
スポンサーリンク