オリックス一覧

【プロスピA】大城 滉二 (S) 2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。セレクション第一弾にも登場した今シーズン躍動中の大城選手。正直これまでは守備の方という印象が強かったですが、もちろん守備力はそのままに打力(特にミート63C→70B)が大幅アップ!そして適性は遊撃手に変更になってます。高い守備能力のおかげで、限界突破なしで二塁手も可能。

【プロスピA】大城 滉二 (S) 2019 セレクション [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。セレクションに今シーズン躍動中の大城選手。 正直これまでは守備の方という印象が強かったですが、もちろん守備力はそのままに打力(特にミート)が大幅アップ! 2019シリーズ1ではまだ未登場なので、嬉しい能力アップですね。しかも適性が三塁手から遊撃手に変更になってます。限界突破なしで二塁手も可能。

【プロスピA】吉田 正尚 (S) 2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。EXにも登場してましたがMr.ロマン、小さな巨人、吉田正尚選手! 何と言ってもより欲しさが増すアーチスト。 何よりも昨シーズンは初めての年間通しての活躍でベストナインも獲得。野球好きなら誰しもが欲しい、選手の一人。 ちなみに今シーズンは正直思っていたほどの爆発は未だなし。

【プロスピA】Kー鈴木(S)2019 期待の若手 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズン序盤は好投するもなかなか援護に恵まれないそんな印象。 徐々に打ち込まれているのを見るようにはなってきましたが、オリックスの熱い20代中盤の投手陣の一人。何より威力のあるストレート。先発で頑張っていますが中継ぎもできるので、重宝すると思います。

【プロスピA】山本 由伸(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。エキサイティングに登場して、早速の登場です。 その際にも書きましたが、好投するもなかなか援護に恵まれないそんな印象。 ついには完封で勝ち星を挙げてました。たしかにそうだ!援護がないなた0に抑えればいい。 能力は大谷サンも球界のレジェンドたちも口を揃えて認める逸材。

【プロスピA】佐藤 義則(S)2019 TS [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。やはり印象としては名コーチ。からのヨシボール。 幼き頃からパワプロをしている方には圧倒的な定着度がありそうなヨシボール。 自分の名前のついた変化球があるなんてどんな気持ちなんでしょうか。 何より圧倒的スタミナ。44歳の現役までカッコイイおじさん(失礼)でした。

【プロスピA】吉田 正尚(S)2019 EX [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。Mr.ロマン、小さな巨人、吉田正尚選手! 2019.6月19日現在、まだ通常バージョンで左翼手が登場していないので、より欲しさが増すアーチスト。 何よりも昨シーズンは初めての年間通しての活躍でベストナインも獲得。野球好きなら誰しもが欲しい、選手の一人。

【プロスピA】メネセス(S)2019 助っ人外国人[オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。メキシコからやってきたメネセス選手! すでにスピリッツ3100の2019S1で登場済みです。 侍ジャパンVSメキシコ戦でメキシコ代表としても登場してました。 ジャパンの警戒ぶりから(実際に打たれてたし)もっと能力高めかと思ってましたが残念ながらそこまで。。

【プロスピA】山本 由伸(S)2019 EX [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。好投するもなかなか援護に恵まれないそんな印象。 ただし能力は大谷サンも球界のレジェンドたちも口を揃えて認める逸材。 珍しく?リアルな成長にプロスピ側が追いついていない選手の一人といっても過言ではない。 パッと見でAはないので、心移りあるかもですが次回登場時には圧巻の能力になっているでしょう。

【プロスピA】T-岡田(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。T! かつての本塁打王もそれは2010年のこと。約10年前。 若干22歳で飛ばしまくってました。 あれから約10年、浮き沈みのある成績ではありましたが打った時の迫力は健在。 ルーキー中川選手の台頭もありながら、代打の神様にはまだ若い。

【プロスピA】後藤 光尊(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。個人的にオリックスの背番号1といえばまだこの方。 パワプロ時代から大きなミートでした。二塁手は現役でも最も熱いポジションといっても過言ではないくらい充実してます。 そのメンツと比較しちゃうと若干の見劣りはありますが、素晴らしいミート力はあり。 純正の方には嬉しいセカンドベースマン! 

【プロスピA】メネセス(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。メキシコからメネセス選手! 侍ジャパンVSメキシコ戦でメキシコ代表としても登場してました。 ジャパンの警戒ぶりから(実際に打たれてたし)もっと能力高めかと思ってましたが残念ながらそこまで。。 リアルでもまだ1年目シーズン序盤ということもあるかもですが、まだなかなか上がってきていない模様です。

【プロスピA】西浦 颯大(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。オリックスのニューカマー、西浦選手!待望の初登場!! 今シーズン輝きちゃかしている19歳!もちろんまだまだこれからの部分は大いにあるので、現状の能力は高くありませんが、ヤクルト村上選手同様、自チームで育成枠(やがて能力が上がってくる選手を事前に集めておく)が可能な方には必須な選手。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。毎度おなじみ阪神藤浪投手と大阪桐蔭時代の同級生。今シーズンは昨シーズンの飛躍もあり多く出番をもらっている印象。2019S1に登場した5月現在では少し打ち込まれている姿もありましたが、まだまだ若い投手。山本、山岡、福田、西浦くんなど若手のホープ揃いのオリックス。数年後の胴上げ投手かも知れない。

【プロスピA】山岡 泰輔(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。個人的に顔はK-1選手感あり。今シーズン、山本くんがナイス投球をしまくってますが、この方もしっかり投げています。リアル対戦でも気になるのが大きな縦スラ。あれは使いたい。 正直もう少しストレート系に威力が出てくれば申し分ないのですが、決め球以外が少し弱い気がしてしまう。

【プロスピA】成瀬 善久(S)2019 新戦力[オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。やはりヤクルト時代よりも、やはりロッテ時代2007年の活躍が忘れられない。翌年、ダルビッシュ、涌井、成瀬、そしてまだ若い田中マー君たち若手で挑んだ北京五輪。結果は残念でしたが、日本最強投手陣と信じてやまない面子でした。その中にいた成瀬投手も今やベテラン。

【プロスピA】頓宮 裕真(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ルーキーながら風格を感じる選手!残念ながら2軍降格になってしまいましたが、再び上がってくるでしょう!若手が躍動しているオリックス。吉田正選手とともに、クリーンナップを務める日は近いはず! 久々に期待値も込めての点数!

【プロスピA】赤堀 元之(S)2019 シリーズ1 TS [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。まさに近鉄時代の抑えという印象。速いストレートに高速スライダー。 落ちる系の球がないので、使う方によっては三振を狙いにくい球種かもです。 ただこの球威Aは魅力。制球もいいので、スライダー系のピッチャーが得意な方にはいいと思います!

【プロスピA】若月 健矢(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。印象としては毎度ですが、スローイングは怪しいが肩は強い。割とそんな能力になってます。 まだまだ若いのでこれからの伸びしろに期待の選手ですが、安定感増してきてる気はします!キャノン、バズーカなど様々ですが、若月選手にもそろそろ名前つくでしょうか。

【プロスピA】増井 浩俊(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。オリックスから増井投手。個人的にはこの方のフォークがプロスピ現役最強の予感。千賀投手のおばけフォークほどの落差ではないのが逆にちょうどいい落ち方(個人差あります)。抑えとはいわずも、限界突破をして中継ぎで起用も考えていただきたい投手のひとり。