オリックス一覧

【プロスピA】西浦 颯大(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。オリックスのニューカマー、西浦選手!待望の初登場!! 今シーズン輝きちゃかしている19歳!もちろんまだまだこれからの部分は大いにあるので、現状の能力は高くありませんが、ヤクルト村上選手同様、自チームで育成枠(やがて能力が上がってくる選手を事前に集めておく)が可能な方には必須な選手。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。毎度おなじみ阪神藤浪投手と大阪桐蔭時代の同級生。今シーズンは昨シーズンの飛躍もあり多く出番をもらっている印象。2019S1に登場した5月現在では少し打ち込まれている姿もありましたが、まだまだ若い投手。山本、山岡、福田、西浦くんなど若手のホープ揃いのオリックス。数年後の胴上げ投手かも知れない。

【プロスピA】山岡 泰輔(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。個人的に顔はK-1選手感あり。今シーズン、山本くんがナイス投球をしまくってますが、この方もしっかり投げています。リアル対戦でも気になるのが大きな縦スラ。あれは使いたい。 正直もう少しストレート系に威力が出てくれば申し分ないのですが、決め球以外が少し弱い気がしてしまう。

【プロスピA】成瀬 善久(S)2019 新戦力[オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。やはりヤクルト時代よりも、やはりロッテ時代2007年の活躍が忘れられない。翌年、ダルビッシュ、涌井、成瀬、そしてまだ若い田中マー君たち若手で挑んだ北京五輪。結果は残念でしたが、日本最強投手陣と信じてやまない面子でした。その中にいた成瀬投手も今やベテラン。

【プロスピA】頓宮 裕真(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ルーキーながら風格を感じる選手!残念ながら2軍降格になってしまいましたが、再び上がってくるでしょう!若手が躍動しているオリックス。吉田正選手とともに、クリーンナップを務める日は近いはず! 久々に期待値も込めての点数!

【プロスピA】赤堀 元之(S)2019 シリーズ1 TS [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。まさに近鉄時代の抑えという印象。速いストレートに高速スライダー。 落ちる系の球がないので、使う方によっては三振を狙いにくい球種かもです。 ただこの球威Aは魅力。制球もいいので、スライダー系のピッチャーが得意な方にはいいと思います!

【プロスピA】若月 健矢(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。印象としては毎度ですが、スローイングは怪しいが肩は強い。割とそんな能力になってます。 まだまだ若いのでこれからの伸びしろに期待の選手ですが、安定感増してきてる気はします!キャノン、バズーカなど様々ですが、若月選手にもそろそろ名前つくでしょうか。

【プロスピA】増井 浩俊(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。オリックスから増井投手。個人的にはこの方のフォークがプロスピ現役最強の予感。千賀投手のおばけフォークほどの落差ではないのが逆にちょうどいい落ち方(個人差あります)。抑えとはいわずも、限界突破をして中継ぎで起用も考えていただきたい投手のひとり。

【プロスピA】福田 周平(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。2年目も走り回ってますね、2年目にしてキャプテンです。胸元のCマークが輝いております。若手の西浦くんともども西村野球の申し子感でてますね。現状はまだ少し物足りない打力ですが、このままいけば大きな能力アップも!期待!

【プロスピA】吉田 一将(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。昨シーズンのフル回転もありましたが、能力的に大きな変化はなし。しかし、ノビのある速球は威力あります。ちなみに西武キラーあり。自チーム操作ではあまり球団キラーの恩恵は受けにくいですが、リアル感あっていいっすよね。

【プロスピA】黒木 優太(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。特殊能力は超豪速球◎。そそりますね。昨シーズン中継ぎで頑張った山本くんが先発に移動するので、この黒木投手の頑張りはチームの命運を握るのではないでしょうか。金子・西投手も抜けてますしね。オリックスの若手投手陣を引っ張る中継ぎに!!

【プロスピA】アルバース(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。昨シーズン怪我までは素晴らしい投球でした。ロッテのボルシンガー投手と争うほどの活躍。制球が最初から80Aというのは魅力ですね。球は速くないものの、球威もあるのでいい投手です。今シーズン、タイトル争いに入ってくる可能性ありそうです。

【プロスピA】安達 了一(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。守備力は間違いなし。純正以外の方だと少し決め手に欠ける能力ではありますが、守備力は確かです。あと足!盗塁積極でこの足なので、オーダーに入れておけば走ってくれるでしょう。ただ守備だけでいうと、源田選手の半端ない能力があるので渋いっす!

【プロスピA】太田 椋(S)2019 シリーズ1 ルーキー [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。名門天理からの入団。右打ちのフォームが綺麗ですね。広島小園くんのような即一軍とはいかないかもですが、ジワジワ育ってくれるのを期待ですね。目指す選手は浅村選手のようですが、なるほどの右打ちです。オリックスにも打てるショートが来る日を待ちましょう!!

【プロスピA】ロメロ(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンは本塁打は流石の本数でした!オープン戦でのケガでまだ復活できてはないですが、しばらくは代打で登場でしょうか。まだまだシーズンこれからなのでわかりませんが、称号がつけばパワーAに乗る打力で規定打席に届けばホームラン量産もありそうです。

【プロスピA】野田 浩司(S)2018 Series2 OB[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。山本くん、山岡くんと続き、なんだかオリックスの投手陣が熱い気がします。この野田投手、懐かしいです。フォークが何より素晴らしい。ただゲームで使った感じはどうなのか、と少し気になります。個人的には落ちすぎるフォークには、落ちない下への変化球も見せ球として欲しくなります。ただ野田投手は落ちるフォーク一本。

【プロスピA】吉田 正尚(S)2018 ベストナイン [オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。野球好きがみんな好きな選手(たぶん)。小さい体からのフルスイングにはドリームがありますね。もはやオリックスの顔。今回はミートがA。規定打席に乗ったのは2018シーズンが初でしたが、素晴らしい成績でしたね。打率.321 26本塁打 86打点。何よりアーチスト持ちびいきとしては、少し欲しい。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2018 Series2[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。阪神藤浪くんと大阪桐蔭時代の同級生。ちなみに藤浪くん2018シリーズ2では登場なしでした。。この澤田投手、2018シーズンは飛躍の年でした。まだまだ若い投手なので、来年から期待です!金子、西投手が抜けた穴を埋めるのは山本、山岡投手だけではなく、この澤田投手かもしれない。

【プロスピA】山岡 泰輔(S)2018 Series2[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。期待値も込めて。同じチームの山本くんと同様、金子・西の2投手の穴を間違いなく埋めるでしょう。ストレーろの球威など少し物足りない部分もありますが、なんせまだ若いですし。この山岡くんと言えばスライダー。リアル対戦でも5本の指に入るくらい嫌なボール。育てていきましょう。きっと勝ち頭になります。

【プロスピA】石嶺 和彦(S)2018 Series2 OB [オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。個人的にはなんとなく阪神の印象が残ってるのですが、綺麗な放物線の印象です。弾道はその通りでアーチスト。ホームランの出やすいアーチストで、このミートとパワーは魅力的。守備と足があまり数字は高くないのですが、特殊能力に代打があるので、起用方法は決まり!