NEW! 外国人OB 俺的ランキング!

オリックス

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】ブーマー (S) 2019 外国人OB [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。きっと名前は誰もが知っている、せーのっブーマー!圧巻のミートとパワーで登場です。しかもアーチスト。しかもチャンスに強い。少し次元の違うおじさん。
2019 S2

【プロスピA】吉田 正尚 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。Mr.ロマン!小さな巨人!吉田正尚選手!圧巻のパワーもされど、今シーズンは首位打者を獲るか獲られるかの9月中旬(西武森選手が優勢)。
2019 S2

【プロスピA】増井 浩俊 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。オリックスから増井投手。残念ながら球威が80A→76Bへダウン。代名詞のフォークは健在ながら、ストレートが弱くなってしまったという印象は否めない。
2019 S2

【プロスピA】モヤ (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。中日時代のモヤモヤを吹き飛ばす活躍。まるでモデルかのような高身長。間違いなく、後半戦のオリックス打線を支えている一員。
2019 S2

【プロスピA】山本 由伸 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ついに反映され始めましたNPBのエースこと山本投手。後半戦のオリックス打線をバックに投げれていればシーズンの勝ち星もどこまで増えていたのか。
2019 S2

【プロスピA】宗 佑磨 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。オリックスに登場した外野手の要的存在。確かに感じるこれから始まろうとしている、オリックスの時代。その上位打線に宗くんは必須でしょう。
2019 S1

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2019 TS [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。きました圧倒的マッチョマンこと糸井選手。オリックス移籍後、まさかの33歳で31盗塁。すげーぜよ。
2019 S1

【プロスピA】中川 圭太 (S) 2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。これからどのような成長曲線を描いてくれるのか。オリックスに久々に登場した感のある内野手の要的存在。現能力には表れていない魅力あります。最高の6番バッター感もありますが、上位打線に食い込んでくるか。
2019 Series 1

【プロスピA】Kー鈴木 (S) 2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。期待の若手で登場したK-鈴木投手。何より違うのはスピリッツ。2900→3100になってます。純正の方には嬉しい登場です。
2019 S1

【プロスピA】山岡 泰輔 (S) 2019 セレクション [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。個人的に顔はK-1選手感あり。今シーズン、山本くんがナイス投球をしまくってますが、この方もしっかり投げています。まじ多彩な変化球。
2019 Series 1

【プロスピA】伊藤 光 (S) 2019 TS [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。現在DeNAで光っている伊藤捕手。オリックス時代からイケメン&強肩のイメージでしたが、この打撃能力は捕手としてグッドな補強になるのではないでしょうか。
2019 Series 1

【プロスピA】近藤 大亮 (S) 2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズンを通してしっかり投げるオリックスの近藤投手。シンプルな変化球ですが、やはり気になるのは第二球種のラビットボール。江川投手も投げていたというラビットボール。打者の手元に沈んでいく遅い球。
2019 Series 1

【プロスピA】榊原 翼 (S) 2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。今シーズン飛躍の年へ。闘志溢れる系投手の榊原投手。魅力溢れるオリックス若手投手陣に食い込んでいます。伸びしろを感じる直球ゆえに突如感のあるカーブ。
2019 Series 1

【プロスピA】新井 宏昌 (S) 2019 TS [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。名コーチここにあり!イチローをはじめ、丸選手など左打者を育てた新井さん。今シーズンからソフトバンクへ。まさにこれからグイグイきそうな左打者を育ててくれます。
スポンサーリンク