2019 Series 1一覧

【プロスピA】ロメロ(S)2019 助っ人外国人 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.0/10点。中日の助っ人ロメロ! 一回は言いたいロメロにメロメロ。今シーズンからの助っ人ながら、もう悔しくてグラブを叩きつけるあのシーンは球史に残るのではないでしょうか。声が聞こえてきますね。 球種としては縦横の変化。球は速いものの決め球的なものは見当たりません。

【プロスピA】ビシエド(S)2019 EX [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。現役では間違いなく一塁手候補に入ってくる昨シーズンのタイトルホルダー。やはりミートがここまで高い一塁手は少ないのと、右バッターでミートがここまで高い選手も珍しいと思います。アーチスト西武山川選手、パワーヒッターDeNAロペス選手など盛りだくさんですが、エキサイティング唯一の一塁手!

【プロスピA】ビシエド(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。昨シーズンの活躍から、圧巻の能力アップ。 昨シーズンの首位打者と最多安打はパワー型からミート型へと姿を変えてます。 弾道も高弾道ながら、特殊能力にパワーヒッターあり。 やはり一塁手には打力が欲しい。パワー型、ミート型と選べるメンツが揃っています。

【プロスピA】浅尾 拓也(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。個人的には久々に登場する圧倒的中継ぎ! 昨シーズンの涙がまだ忘れられない内に登場です、カワイイ浅尾きゅん。 しかし球威は全く可愛くない圧巻の84A。 そして代名詞でもある落ちる2種のフォークとパームの破壊力。 こりゃ打てんぜよ!と高知の方からも聞こえてきそうな落差。

【プロスピA】堂上 直倫(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。かつてこんなにも背を向けていた選手がいただろうか。 背後から狙われていたらヤバイくらいのDONOUE63。おかげで名前も呼びやすい。 今シーズンは京田選手とチェンジしながら登場してます。 なかなか打率自体は上がってきてないものの、やはり守備は上手い。

【プロスピA】大島 洋平(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。昨シーズンは少しベテラン感を感じたのですが、まだまだ成長中です(スミマセン)。 昨シーズンより打力はミートが77B→75Bになっているのですが、何よりセンターの守備適性が75B→80Aへとアゲミザワ。やはりAは見栄えが違う。 ライトの平田選手とともにナイスプレー連発しております。

【プロスピA】ロドリゲス(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。キャップを脱げばゴールドヘアーでびつくり仰天のロドリゲスさん。 最近多くなってきた?外国人左腕の豪速球型。ただ他の投手と比較して、少し球種が少ないのが気になるところ。ただおそらくツーシームは威力抜群。

【プロスピA】小笠原 慎之介(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点高校生時代は重いストレートという印象でしたが、プロに入ってからは緩い系の球の組み合わせ! 速い球があってこその緩い系、もう少しストレートに威力が出てくると嬉しい。 ただし昨シーズンからは変化量もプラス、そしてDカーブが追加!これは大きな変化!ただし中継ぎ適正がなくなってます。

【プロスピA】渡辺 勝(S)2019 新戦力 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。気になる若手が投手にも野手にも登場してきている新生ドラゴンズ。 個人的に与田肩幅監督の規律ある中で出てくる選手たちはまさにドラゴンズ感満載。 その中でもこの一本足。ここにあるのはまず、ロマン。バスロマンじゃなく、マズロマン。 素敵な足を持っている選手、大島選手のようになるのでしょうか。

【プロスピA】福田 永将(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。個人的和製大砲の上位に入る選手!サードは高橋周平くんが守ってたりするので、必ずしもサードって感じではないですが、この全体的な能力は及第点。 ベテラン枠になってきたと思うので、伸びしろ的にはあまりないかもですが、今年のしぶとい中日打線には欠かせない存在!!

【プロスピA】福留 孝介(S)2019 シリーズ1 TS [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。今シーズンも登場しました、圧巻の選手能力。元能力(阪神)でも、守備力は健在。 こんなに素晴らしくないですが。そして何よりもこのミート力。 PL時代から圧巻のバッティングでしたが、この境地は中々いないレベル。 プロスピでも強い方のライトは大体福留選手だったりしますもんね。

【プロスピA】松井 雅人(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.0/10点。今シーズン残念ながら若手の台頭もあり2軍スタート。そしてプロスピでは登場!そんな若干のアンバランスさも感じながらですが、肩力は71Bでしっかりとあります。 ただし純正チームの方でないとオーダーに入るのは難しそうというのが正直なところかも。

【プロスピA】田島 慎二(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。中日の抑えは鈴木じゃなくて田島だよ!と聞こえてきそうな(そうか?)田島投手。久々の登場。中継ぎもできるので、抑え専門ではないですが全体的に少し物足りない印象。しかしながら、与田監督は名将の予感。投手出身ならではの配置で田島投手の復活お願いします!

【プロスピA】高橋 周平(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。今か今かと待ちわびている高橋くん、背番号3のゆくえはいかに。どっしりと構えているフォームたるや、強打者のあれですが、実際のところはもうひと伸び欲しい! 背番号3と言えば各球団の顔。しかしながら、なんとなくどの球団ももうひと伸び欲しい!浅村さんは別として。周平さん、よろしくお願いします!

【プロスピA】佐藤 優(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。侍ジャパンでも登場してましたが、どこか物足りない能力から徐々に魅力ある投手へと変わっています。ちなみに変化球のスライダー・シュートがともに高速スライダーと高速シュートに変更。それだけでも、使ってみたい気持ち増量。

【プロスピA】鈴木 博志(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。ジワジワと能力が下がっている(悲)。超豪速球の特殊能力は健在ながら、もう少し球威が欲しい。でもまだ若い一年目としては十分すぎる活躍でした。少し辛めな評価は期待値の現れでしょうか。ストレートが磨かれていけば!

【プロスピA】笠原 祥太郎(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。侍ジャパンでも登場してましたが、シーズンとしてはルーキー枠以外で初登場です。引退する後藤選手を三振に取ったチェンジアップはナイスボールでした。中継ぎ適正もSです。プロスピではストレートとチェンジアップがかなり効くので、いい投手になること間違いなしだと思います。

【プロスピA】京田 陽太(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。1年目は大活躍で新人王にも輝きましたが、昨シーズンは少し低迷。根尾くんとの争いに注目が集まってましたが、オープン戦で懲罰交代があったり、少し先行きが不安。。堂上選手の活躍もありますが、この京田選手もやってくれるでしょう。なぜなら僕の2019シーズン最初のSカードは京田選手でした。つまり、やってくれないと困る!お願いします!!

【プロスピA】根尾 昂(S)2019 シリーズ1 ルーキー [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。競合の末、ジモティー球団への入団は心がトキメキましたね。騒がれる日々には慣れてると思いますが、二軍でじっくりと育成良いのではないでしょうか。荒木コーチに指導を受けている姿を見ると、こうして技術は継承されていくのだなと思いますね。アライバコンビのような二遊間をまた見たいですね。

【プロスピA】平田 良介(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ついにミートがAに乗りましたね。昨シーズンからミートだけで言えば、+3です。ゴールデングラブ賞の獲得があったので守備も魅力ですが、何と言ってもゲーム的に超広角打法は魅力ですね。リアル対戦である振り遅れ(恥)。それでもライト方向に持っていくことあり。振り遅れと広角打法はもちろん違いますが、まじありがたい能力。