2018 Series 1一覧

【プロスピA】中村奨吾(S)2018 Series1 セレクション[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。2018 Series1 プロスピセレクション第2弾の中村選手。オールマイティーですね、セカンドです。背番号8。セカンドはグッドな選手が多いので食い込むのは難しいですが、守備が色々行けるので一応8.5にしました。

【プロスピA】ブキャナン(S)2018 Series1 セレクション[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。それぞれ各方向に大きな変化球。カットボールとストレートでカウントを取り、Dカーブかサークルチェンジで仕留めるという構図が見えます。リアル対戦で先発を任せるにはやはり球種の数よりも、大きな変化が必要だなと感じている近頃です。

【プロスピA】榎田大樹(S)2018 Series1 セレクション[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。阪神からの移籍でまさかの活躍。やはりチームっていうのは大事なのだと教えてくれた苦労人。元々、多彩な変化球とキレで勝負の投手ですが、味方に強力打線がいる今のチームではスイスイと投げてます。確かに打てないチームで投げるのとは違うんでしょう。中継ぎもできるので重宝しますね。

【プロスピA】井口資仁(S)2018 Series1 TS[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。なんであの井口がこんな感じ?? と思ったのも束の間。 そう、僕が思っていた井口はダイエー時代の井口選手だったのです。 今回の井口選手はメジャー帰りのロッテ時代。 なんかメジャーに行った内野手で唯一活躍したと言っても過言じゃない選手。

【プロスピA】成瀬 善久(S)2018 Series1 TS[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。ストレートは早くないものの抜群のコントロールが武器です。 ダルビッシュ、涌井とともに北京オリンピック(星野監督の時)が印象に残っています。 今はヤクルト在籍ですが、ロッテでは涌井、清水直、小林宏とともに先発間違いなしです。