NEW! 俺的 抑えランキング!

日本ハム

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】清宮 幸太郎 (S) 2020 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズン、同い年のヤクルトの村上選手がとんでもない活躍でしたが、今シーズンはロッテ安田選手が4番を張ってます。そしてこの方はどんな成長曲線を描くのか。
2020 S2

【プロスピA】秋吉 亮 (S) 2020 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 9.3/10点。移籍先でもう一花咲かせるロマン、秋吉投手。少し崩れることもあったりはしますが、ヤクルト時代から再びチームの最後を締める存在になるのは並大抵じゃない。
2020 S2

【プロスピA】渡邉 諒 (S) 2020 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。直球破壊王子として野球の魅力までもお伝えしてくれています。もちろん直球だけではなく、色々な変化球を駆使するのも面白いのですが、やはり直球勝負は手に汗握る。
2020 S2

【プロスピA】杉谷 拳士 (S) 2020 代打の切り札 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。アニバ投票で惜しくも上位2名へのランクインできなかったスギノールこと杉谷選手。第3の捕手として練習をしている、ある種レベチなユーティリティーっぷり。
2020 S2

【プロスピA】マルティネス (S) 2020 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。日本ハムの先発からマルティネス投手!高い制球力を軸に2種のカーブ(Dカーブとスパイクカーブ)を駆使して打ち取っていきたい投手。
2020 S1

【プロスピA】金子 誠 (S) 2020 TS [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。まるでホームランバッターのような佇まいの写真ですが、紛れもなく守備の名手。札幌ドームのスタンドに揺れる「誠」の旗がまだ懐かしい。
2020 S1

【プロスピA】石井 一成 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。なかなかバッティング的なものは上がってはこないものの、守備は安定感あります。大事なのは守備力か意外性のある打力か。なんとなくフェイスよりも身長が大きく感じる選手の1人。
2020 S1

【プロスピA】杉浦 稔大 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。まだ反映はそこまでないですが、素晴らしいストレートのノビをお持ちの杉浦投手。もともと入団したヤクルトでは背番号18をもらうほどの逸材。
2020 S1

【プロスピA】ダルビッシュ 有 (S) 2020 セレクション [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ついに来ましたご本人監修での登場。そんな夢みたいな話に感無量。とりあえず写真から能力からすべてが素晴らしい仕上がりとなってますが、何より注目すべきは変化球。
2020 S1

【プロスピA】鶴岡 慎也 (S) 2020 セレクション [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。日本ハムから鶴岡選手。ダルビッシュさんの選ぶ恋女房、ファイカタ。改めて時間は経ってますが、時を戻そう!が可能なのがゲームの素晴らしさ。
2020 S1

【プロスピA】谷元 圭介 (S) 2020 TS [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。全体的に大きな変化量で、小さな体からの全身で投げ切る谷元投手。回転の効いたボールは中々に打ちにくそうな球。
2020 S1

【プロスピA】公文 克彦 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。ミスタースライダー公文投手。素晴らしいスライダーをお持ちではありますが、変化球は小さなシュートとの2種のみ。どのくらい使いこなせるか。
2020 S1

【プロスピA】加藤 貴之 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 8.7/10点。昨シーズン、オープナーもありショートスターターとして色々な場面で投げまくった加藤投手。結果的なものだけではなくて、今後語られる中でこの方を目にする機会は多いくらいの変革期を支えた投手に違いなし。
2020 S1

【プロスピA】高橋 信二 (S) 2020 TS [日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。強打者捕手の1人、高橋信選手。本拠地が北海道に渡った年なこともあり、この方が札幌ドームで打ちまくっている印象は濃すぎるくらいにあります。打って勝つチームには是非欲しい捕手。
スポンサーリンク