2019 Series 1一覧

【プロスピA】炭谷 銀仁朗(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ジャイアンツには何があるのか、それを知るためにやってきました炭谷選手。 銀仁朗時代の強肩も健在。下半身の太さは岡本選手と並ぶと圧巻。ジャイアンツから捕手として小林選手が1回目に登場しないのは久々でしょうか。原ジャイアンツの要となるか。

【プロスピA】クック(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。巨人からクック投手。いいピッチャーですね。ただプロスピの能力としては、まだ反映されていない感は満載です。今シーズン、セーブ状況での登板が多くなりそうなジャイアンツ的にもこの方のセーブ王があればリーグ優勝もありそうですね。ジャイアンツファンには必須になりそう。

【プロスピA】吉川 尚輝(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。今シーズン始まってみれば、とんでもない打線。その1番に君臨しているのがこの吉川選手。 侍ジャパンでのショートの守備もお見事でしたが、セカンドの守備もお上手ですね。 あとは今シーズンの活躍で打力部分の能力が上がれば申し分なし。 キラリ光るスター感のある選手。すらっとしら坂本さんとの二遊間コンビはダブルGG賞もあるでしょう。

【プロスピA】マシソン(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。病気で復帰は6月ごろという情報ですが、復帰が見えて良かったです。病気や怪我で活躍を見れないのは本当に悲しい。ちなみにこのマシソン投手、リア対などで出てきたら嫌になるピッチャーの一人。球は速い、SFFは落ちる。スライダーでカウント取られる。なんとか三振しないのが精一杯。 つまり味方にすれば強い。

【プロスピA】吉川 光夫(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。野手の吉川選手がグイグイきてるので、吉川といえばになっちゃいますが、日本ハム時代いいピッチングしてました。背番号も47に変更になり、山口投手のような中継ぎでもいいですよね、速いストレートと2種類のカーブは魅力。使ってみたらとても使いやすい投手でした。

【プロスピA】山口 俊(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。横浜時代の印象からか、ここまで長けた能力だとは正直思わなかったくらい、改めて見ると魅力あり。球威をAにするのも可能。しっかりとしたフォークもあるので、抑えとしてもいいのではとも思います。リアルでは菅野投手と勝ち星を稼げるかですね。大補強の原ジャイアンツやいかに。

【プロスピA】坂本 勇人(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。魅力って溢れますよね、こぼれます。ついに来ました、標準でミート83A。昨シーズンより、走力-1がミート+1に移動した感じです。守備もスローイングが上がり、走力型での圧倒的源田選手を選ばない方は、もうショート坂本選手で間違いないのではないでしょうか。今年はあのスマイルをどのくらい見れるのか。

【プロスピA】高橋 優貴(S)2019 シリーズ1 ルーキー [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。由伸さんが去って、新たな高橋。外国人に渡すなら、せめて背番号24はこの方でもよかったのではとか考えるほどこだわりがあります。ちなみに、投げている試合を見た感じでは、なんとなく中継ぎに適正がありそうな投手にも見えました。ゆったりとした二段モーションが印象的。

【プロスピA】陽 岱鋼(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。丸選手の加入もあり、出場怪しいかと思いきや原監督が5番陽岱鋼を明言しましたね。オープン戦での右方向へのホームランはお見事でした。昨シーズンはオールBだったものの、ミートが-4で68C。残念ですが、今年の活躍で盛り返しあるでしょう。