【プロスピA】辛島 航(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。今シーズンしっかり投げられております、辛島投手。 何と言ってもチェンジアップ。それと帽子のツバの裏が見えそうな着こなし。 今シーズンの楽天の飛躍を支える投手の一人です。 個人的な使用感としても球速はないものの、変化球を使いながら打ち取りやすい投手。 シーズン終了時に二桁勝っているでしょうか。

【プロスピA】涌井 秀章(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。海の向こうのダルビッシュくんと、今はオリックスの成瀬さん、そしてこの涌井投手と、パ・リーグの投手部門を争っていた頃が本当に懐かしい。ただ、まだまだこうやってスタミナ満開で頑張っておられるんです。変化球の変化などが若干物足りなさはあるものの、球威・制球・スタミナ・捕球・スローイング・肩力は本当に申し分なし!

【プロスピA】山本 由伸(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。エキサイティングに登場して、早速の登場です。 その際にも書きましたが、好投するもなかなか援護に恵まれないそんな印象。 ついには完封で勝ち星を挙げてました。たしかにそうだ!援護がないなた0に抑えればいい。 能力は大谷サンも球界のレジェンドたちも口を揃えて認める逸材。

【プロスピA】金子 弌大(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。移籍の金子投手。新天地でめざましい活躍!となる予感は満々でしたが、中々厳しめの戦いが続いております。中継ぎをしたり、チームの事情や挑戦もありながら投げるベテランの姿は眩しい。

【プロスピA】高橋 礼(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。今シーズン、ソフトバンクの勝ち頭、アンダースロー高橋投手。 前シーズンで侍ジャパンで登場して以来の登場。それから言えることは間違いなく今シーズンの飛躍。 やっぱりアンダースローは打ちにくいんですね。個人的にゲームだと投げづらいですが(涙)。

【プロスピA】十亀 剣(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。入団当初の活躍から、近年は正直これといった成績ではない十亀投手。ただ中継ぎ適正Sで限界突破なしでも中継ぎができる、まだ先発だけではなく中継ぎも足りていない方には重宝する投手です。 西武の投手陣、ゲーム内でも中々厳しい中で全方向に変化球のある十亀投手は良い気もします。

【プロスピA】藤川 球児(S)2019 TS [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。あのリアルの臨場感や躍動感を数字化して能力に反映するのはとても難しいと思います。 この藤川投手のストレートは球威89AのストレートもS!ノビもあってまさにあの火の玉ストレートでしょう。当時の155kmは速かったですが、今は速い投手がいるのでそんなに珍しくはない。しかし!

【プロスピA】吉見 一起(S)2019 TS [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。落合ドラゴンズの象徴でもある吉見投手の登場。 やはり何と言っても制球力。ズバッと決まって打てない、そんなシーンが記憶にあります。 もちろん今も現役続行中。当時の印象ママでもありますが、これといった速い球や代名詞的な変化球はない模様。

【プロスピA】内川 聖一(S)2019 TS [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。横浜のヒットメーカー時代のウッチーこと、内川選手。 ソフトバンクでも生え抜きぐらい存在感を放っていますが、この当時も現巨人コーチの村田さん、オランダリーグでプレー?の吉村さんとのクリーンナップは圧巻でした。 何と言ってもこのミート力。称号でミートSも夢じゃない。

【プロスピA】阿部 慎之助(S)2019 TS [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。プロスピでキャッチャーを探すとき、必ず上がってくるのこの選手。いまだ現役。もちろんキャッチャーではなくても勝負強い打撃は健在です。OBからは古田さん、城島さん、野村さん、田淵さんなどいらっしゃいますが、いまだ現役で限界突破のしやすさのあるハンパないキャッチャーはこの方くらいではないでしょうか。

【プロスピA】伊藤 智仁(S)2019 TS [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。伊藤投手と言えば何といってもスライダー!そして怪我でしょうか。 凄いピッチャーという印象と怪我で中々見られないそんな記憶です。 ただこうして改めて能力を見ると凄い投手だったんだと再確認しますね。 球威とスタミナの素晴らしさはもちろん、何といってもスライダーの曲がり。

【プロスピA】サファテ(S)2019 TS [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。チームが変われば何かが変わる!そんなことはもちろん助っ人の方達にも当てはまります。 やっぱりサファテさんと言えばカープよりも西武よりもホークスといった感じで、球威はもちろん素晴らしいながらも、変化球が今シーズンのサファテ投手と比べても若干物足りなさはあります。贅沢を言えばですが。

【プロスピA】松井 稼頭央(S)2019 TS [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。何も言えなくて、松。そんな感じで、西武時代の最強稼頭央さんを見てるので、このカムバック時代の能力を見ると若干物足りなさを感じちゃうのが正直なところ。 2013年の楽天の日本一だったり、チームへの貢献度はもちろん置いておいてのことですが。 ただ当時39歳にしてこの能力は素晴らしいの一言。

【プロスピA】小坂 誠(S)2019 TS [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。小坂さんと言えば名手。そしてメガネ!今回のバージョンではお付けになってないですが、メガネ有りであんな動きできるんだと驚いた記憶があります。 その驚きは数字にも現れてまして、ショートの守備適性86Aです。

【プロスピA】佐藤 義則(S)2019 TS [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。やはり印象としては名コーチ。からのヨシボール。 幼き頃からパワプロをしている方には圧倒的な定着度がありそうなヨシボール。 自分の名前のついた変化球があるなんてどんな気持ちなんでしょうか。 何より圧倒的スタミナ。44歳の現役までカッコイイおじさん(失礼)でした。

【プロスピA】陽 岱鋼(S)2019 TS [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。写真を見て懐かしくなったのは、陽選手の新庄感。 襟足の感じの髪の色、そしてスタイルなどスター感満載のファイターズのセンターと言う印象です。ジャイアンに入り、黒髪になり今は紳士な男前でもありますがハムの背番号1はこうでないと!というくらいのオーラ出てます。そして何より共通するのは守備力。

【プロスピA】井口 資仁(S)2019 TS [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。まずはじめにTSありがとう。正直現役のセカンドも豊富すぎて迷いどころ満載ですが、ここまで来ると万歳しますね。圧巻の能力。NPB歴代最強セカンドで言えば、現在を生きている僕たちにとっては山田哲人選手でしょうか。もちろん、菊池選手、浅村選手もいます。

【プロスピA】中村 剛也(S)2019 TS [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。いかがですか、この確信歩き。 カッコ良すぎランキング上位に入るであろう斜め上を見る仕草。今より顔は少し丸いでしょうか。 守備適性に目を瞑れば圧巻のサードベースマン。サードはTSもOBも圧巻の選手たちが出てくる予感満載ですが、中村選手が欲しいポイントは2つ!