【プロスピA】森 友哉(S)2018 ベストナイン [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。リーグ優勝の立役者!なんせフォームがカッコイイ。捕手能力(特に捕球)の低さが気になりますが、捕手としての打撃能力は申し分なし。まだ若いので、これからのノビシロにも期待大ですが、なによりベストナインなので、欲しい捕手であること間違いなしです。

【プロスピA】岩崎 優(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。登板数はしっかりと投げてましたが、ちょっと打たれているシーンが記憶に残っています。近年はどの球団でもですが、中継ぎが登板過多になりがちなので、中々何年も通しての活躍は難しいかもですが、低い姿勢からのストレートの威力は本物です。

【プロスピA】岡田 俊哉(S)2018 Series2[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。智弁和歌山での高校野球時代からテレビで見ているから、何歳なのかいまいちパッと出てこない投手。そして、WBCでのストライクが入らないあの姿。そして血行障害がありながらも、2018シーズン中継ぎ左腕として投げました。レジェンドたちの引退。個人的には最後も投げてほしい。中日といえば、今中、岩瀬さんおような体の細い左腕。2019シーズンよろしくお願いします。

【プロスピA】三嶋 一輝(S)2018 Series2[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。毎年次第に強くなってきている横浜。その中で働きまくった三嶋投手。2018シリーズ2で最後に登場した選手ですが、来年の期待が込められている気がします。期待しましょう、桑原、近藤の流れで、最優秀中継ぎのタイトル獲得の可能性は大いにあります。

【プロスピA】宮國 椋丞(S)2018 Series2[読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。かつては開幕投手も務めた投手。近年は中継ぎで頑張っています。球威に称号がつけば、球威と制球の同値も狙えますね。個人的には球種は多いので、使い勝手は悪くない投手だと思います。まだまだ若いので、もうひと伸び期待です。

【プロスピA】中澤 雅人(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。もはやベテラン左腕。記憶では背番号14を背負ってましたが、今は54番。変化量は大きくないものの、球種はあります。ただ、純正以外の方でオーダーに入るかというと、今回の能力では正直少し物足りない気もします。

【プロスピA】今村 猛(S)2018 Series2[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的に清峰高校時代、投げる姿に重ねたのは斉藤和巳投手でした。あれから月日は流れ、中継ぎに定着。残念ながら2018シーズンは安定感がなかったものの、2019シーズンは期待します。同期入団の堂林くんも。

【プロスピA】田中 靖洋(S)2018 Series2[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。登板数は年々増えています。戦力外後の復活はたとえ贔屓球団ではなくても、魅力を感じます(勝手ですが)。若手が育ちそうな感じ満載のロッテ。来季はどの順位になるのか。このいかにもシュートを投げてそうな写真いいですね。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2018 Series2[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。阪神藤浪くんと大阪桐蔭時代の同級生。ちなみに藤浪くん2018シリーズ2では登場なしでした。。この澤田投手、2018シーズンは飛躍の年でした。まだまだ若い投手なので、来年から期待です!金子、西投手が抜けた穴を埋めるのは山本、山岡投手だけではなく、この澤田投手かもしれない。

【プロスピA】公文 克彦(S)2018 Series2[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。大田泰示くんとともにジャイアンツから日本ハムへ移籍して、2018年シーズンも最終的には活躍しました。この方も移籍して飛躍した方。称号で制球+2で球威との同値狙えますね!ただし球種が少ない。。

【プロスピA】石川 柊太(S)2018 Series2[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。シンプルにいい投手。先発でもリリーフでも勝ち星をあげて13勝。勝ち星だけで見ると千賀くんクラス。印象的なカーブはもちろん、ロングリリーフでも武田くん同様話題をかっさらってました。中継ぎSに加えて先発Sというのも超魅力ですね。シーズン1ではセレクションで登場したものの、通常ではSもAランクの登場もなかったので、ついに登場してきた感じです。

【プロスピA】小川 龍也(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。チームが変われば何かが変わる。プロの世界にもある、移籍で飛躍する人。中日では苦労されてたようですが、西武に移籍でリーグ優勝チームの中継ぎとして登場するわけなので、チーム、首脳陣はとてつもなく影響がありますね。まだ能力は高くはないですが、来年以降の成績次第ですね。写真かっこいい。

【プロスピA】2018 Series2 Sランク 先発4人目登場!各球団の12選手を紹介

今回は先発4人目です! おそらく、中継ぎと合わせて、2018シーズン最後の選手追加ですね。 なので正直純正のチーム作りをされている方以外は、ベストナイン&タイトルホルダー第二弾、OB第五弾などが控えている今、エナジー消費をして獲りに行きたい選手たちではないかもですが見ていきましょう!!

【プロスピA】才木 浩人(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。若手が伸びない球団と言われ、金本さんの熱指導も賛否を生み、そして矢野さんにバトンが渡りました。金本イズムは引き継ぎながらも、ノビノビ野球は功を奏すのか。藤浪投手とともに、躍動系の先発投手として期待値は高い。ですがまだ能力的にはBに乗っていないので、もう何声も欲しいのが正直な所です。

【プロスピA】吉見 一起(S)2018 Series2[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。昨年の松坂投手、レジェンドたちの引退、そして今年の根尾くんと話題が尽きない中日ですが、そのレジェンドたちと妙に強い中日を作っていたのがこの吉見投手。今でも精密機械、制球ナンバーワンで名前が上がるほどの投手。制球78Bに称号をつけてAにしたい。意地でも。

【プロスピA】濱口 遥大(S)2018 Series2[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的には2017の日本シリーズでの素晴らしいピッチングが印象的すぎてAランクの濱口投手を溜め込んでます。2018シーズンでは残念ながら成績落としてましたが、横浜の若手左腕の切磋琢磨で伸びないのは考えずらい。あの投球を再び!!

【プロスピA】メルセデス(S)2018 Series2[読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

シーズン2でも新戦力で登場してましたが、今回正式なスピリッツ2900で登場。個人的に速いストレートとチェンジアップの緩急は、セ・リーグのバッターが苦手としている印象があるので、ズバリはまっている印象です。おそらく原新体制でも勝ち星を担う投手だと思います。

【プロスピA】石川 雅規(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。ベテラン。こちらずっと昔から見てる気がする投手です。小さな巨人。速い球は投げれなくても、小柄でもこんな風にプロでもやっていけるのだ、ということを体現されている方ですね。正直、ゲームでは割と打ちやすかったりしちゃうのですが、投げる方からすれば緩急をつければ打ち取れます。ヤクルト純正の方にとってはレジェンド。それ以外の方にとってももはやレジェンドです。