NEW! 俺的 抑えランキング!
スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】R・マルティネス (S) 2020 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。とにかくどこかへ行っちゃいそうなくらいの実績を残そうとしているマルティネス投手。中日の最後を任される投手はやはりすごい。
2020 S2

【プロスピA】フランスア (S) 2020 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。2018年の登場時のフランスア投手の存在感は凄まじいものがありました。投げるというより、ぶん投げると言っても良いほどのストレートの威力。
2020 S2

【プロスピA】スアレス (S) 2020 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。今シーズン、この人がいなければ阪神クローザー事情はどうなっていたのだろうかという助っ人感。今シーズンからリリーフ陣を引っ張る存在に。シーズン1での登場より球威+6です。
2020 S2

【プロスピA】三嶋 一輝 (S) 2020 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。昨シーズンまでは山崎康晃投手に繋ぐ投手として、その眼差しで見ていました。しかし、今シーズン山崎投手がまさかの事態に。そこでしっかりと成績を残すのが凄み。
2020 S2

【プロスピA】デラロサ (S) 2020 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。昨年に続き、今年も胴上げ投手となるのか、デラロサ投手。超豪速球を持つ160kmオーバーの投手。見ていてもストレートはもちろん、スライダーのキレっぷりはなかなか打ちにくそう。
2020 S2

【プロスピA】ディクソン (S) 2020 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。ベテランと言われる年齢になっても、魔球があれば話は変わるディクソン投手。ゲームでもなかなかに打ちにくい球として認識されるほどの大きな変化。
2020 S2

【プロスピA】秋吉 亮 (S) 2020 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 9.3/10点。移籍先でもう一花咲かせるロマン、秋吉投手。少し崩れることもあったりはしますが、ヤクルト時代から再びチームの最後を締める存在になるのは並大抵じゃない。
2020 S2

【プロスピA】益田 直也 (S) 2020 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。現在セーブ数でトップを走る益田投手。やはりチームの躍進には欠かせない、それがクローザー。クローザーにふさわしい直球とシンカー。
2020 S2

【プロスピA】ブセニッツ (S) 2020 シリーズ2 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。入団1年目の選手が成績を残しても、ガッと能力が上がるのは難しいですが、2年目くらいからは安定感としてガッと上がることがあります。これからガッと上がってくるそんな投手であろうブセニッツ投手。
2020 S2

【プロスピA】森 唯斗 (S) 2020 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ズバッとサマータイムでノリノリなストレートはもちろんですが、やはり大きく変化するカット、ナックルカーブ、フォークは申し分なし。
2020 S2

【プロスピA】増田 達至 (S) 2020 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。西武の守護神、増田投手。やはりクローザーを務める投手のストレートはすごい。威力あります。今シーズンも安定のセーブ数。
2020 S2

【プロスピA】俺的ランキング セカンド 二塁手 2020 シリーズ2!

ついにシーズンも中盤を迎え、シリーズ2へ突入。そしてさっそく熱いメンツ、セカンドが登場です!上位3名は超欲しい。

2020 S2

【プロスピA】山田 哲人 (S) 2020 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。まだまだシーズン中なものの、FAでどうなるのかにも目がいっちゃう存在。ミートがBですが、称号までいければオールAも狙えるバケモノ選手。
2020 S2

【プロスピA】阿部 寿樹 (S) 2020 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。やはり落合さんに認められた打撃センスというものに期待しちゃう阿部さん。前シリーズからミート大幅アップしましたが、ここでもうひと伸びさせて欲しい。
スポンサーリンク