NEW! OB第1弾俺的ランキング

2019 S2

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】進藤 達哉 (S) 2019 OB [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。横浜の背番号1を長年背負った守備が上手な進藤選手。突出した打力こそありませんが、限界突破なしでサード、ショートを守れる選手。マシンガン打線の下位打線に座る打者。
2019 S2

【プロスピA】横尾 俊建 (S) 2019 シリーズ2 [日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。おかわりだったり、寿司ボーイだったり「野球×ご飯もの」にはパワーが必須!パワーヒッターへの道を歩むなら、もう少しパワーが欲しい。にぎにぎ期待しましょう!
2019 S2

【プロスピA】中村 剛也 (S) 2019 アニバーサリー [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。アニバーサリーから中村さんちのおかわりくん。今シーズン打点王を獲得しました!正直、年齢もありもう厳しいのかなと思ってからのこの迫力。今シーズン圧巻の4番でした!
2019 S2

【プロスピA】大山 悠輔 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。今シーズン、4番に座っていたからか色々と言われました。右打ちがどーの、言われても自分自身を貫いて笑顔を見せて欲しい!
2019 S2

【プロスピA】高橋 周平 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。中日から、ついに開花との声が聞こえる高橋周平選手。今か今かと待ちわびていた高橋くんの覚醒。どっしりと構えているフォームたるや、強打者のあれ!
2019 S2

【プロスピA】宮崎 敏郎 (S) 2019 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。今シーズン序盤は苦戦ながらも最終的にはやっぱり宮崎さんでした。残念ながらマイナス部分が目立ってはいます。打率3割が続いてたので、仕方ないですが残念感はあり。
2019 S2

【プロスピA】ビヤヌエバ (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。巨人の助っ人、ビヤヌエバ選手。なぜビヤヌエバ。ナカジとの争いに買って序盤は活躍。枠の問題など色々とありますが、まだ飛躍があるのか。
2019 S2

【プロスピA】太田 賢吾 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。パ・リーグ出身ならでは(偏見)のセンスが溢れてました。ハムの目利きが獲得しただけある(妄想)素晴らしい選手。1番を打っていた姿には未来のヒットメーカーを感じました。
2019 S2

【プロスピA】安部 友裕 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ヒットメーカーとして素晴らしい活躍だった2017年から徐々にミートも下がってしまい、ついに70Bから68Cとなってしまいました。躍動しまくってたタナキクマルと同世代。
2019 S2

【プロスピA】ウィーラー (S) 2019 シリーズ2 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。楽天のファニーボーイ、ウィーラー選手。ムードメーカーをつけて欲しいくらい仲間の活躍を喜ぶ姿は魅力的。ミスターインパクト。
2019 S2

【プロスピA】レアード (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ロッテのスシボーイ、レアード選手。シーズン序盤、どこまで量産するのかと言う活躍でしたが、着地的には安定の?32本。
2019 S2

【プロスピA】小島 脩平 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。オリックスから小島だよ!限界突破4以上必要ながらも、捕手以外全て守れるまさにユーティリティープレーヤー。突出した能力はなくても、これだけ守れるのはまさに天才かもしれない。
2019 S2

【プロスピA】近藤 健介 (S) 2019 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。球界を代表するヒットメーカー、ゲンスゲー(北斗さん風)。今シーズン序盤はあまり打率が上がってこない感じでしたが、最終的には上位争いしている圧巻の3割打者。
2019 S2

【プロスピA】松田 宣浩 (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。ソフトバンクからせーのっアツァーーーオーーー(拳)!昨シーズンのベストナインは守備もよし。年齢は上がってきてますが、パフォーマンスとリーダーシップはまだまだ健在。
スポンサーリンク