久々更新! 俺的ランキング TS 第1弾!
スポンサーリンク

【プロスピA】俺的ランキング キャッチャー・捕手 2020 シリーズ2!

2020シリーズ2の捕手が登場しました!

プロスピ-捕手-キャッチャー-ランキング

では、登場した選手たちをどうぞ!

◆パ・リーグ
甲斐 拓也 (ソフトバンク)
田村 龍弘 (ロッテ)
森 友哉  (西武)
太田 光  (楽天)
宇佐見 真吾(日本ハム)
伏見 寅威 (オリックス)

◆セ・リーグ
大城 卓三 (巨人)
梅野 隆太郎(阪神)
木下 拓哉 (中日)
戸柱 恭孝 (DeNA)
會澤 翼  (広島)
西田 明央 (ヤクルト)

 

やはり年末も近くなりOBへの期待も漂いますが、
現役の捕手たちも魅力的に登場です。

俺的ランキング 捕手編、よろしくお願いします!

ナイスな第1位!

え?替え玉5ですか?驚きつつ厨房に伝える森選手!

昨シーズンは首位打者も獲得した森選手ですが、今シーズンはプロ入り後初めてといってもいいくらいの打撃で少し苦戦。昨シーズンの打撃部門が歴史に名を刻んだ感ハンパなかったので、よりそう感じますが、捕手としてはあるあるの十分な数字でもあります。

ディフェンス面も捕球が残念ながら低くはありますが、肩とスローイングは良い。難しいシーズンとなり、ある意味仕切り直しな気もします。なんせまだまだ若い。まだまだ伸びしろの果てが見えません。

(2020 S2)Sランク 森[西武]の評価・称号

そして第2位!

マスクなしで入店の人にはこう、梅野選手!

もう突発的なものではなく、安定してリーグを代表する捕手になってきたといってもいいでしょう、梅野選手。リード面でも、リーダーシップでもチームを牽引されてますが、やはり何と言っても捕球。体で止める姿は頼もしさ◎です。梅ちゃんバズーカも魅力的ですが、捕球アップも時間の問題でしょう。

打力もですが、やはりディフェンス面も気になるのが捕手というポジション。その中では間違いなく現役トップクラス。捕手は任せたばーい!盗塁もしちゃう稀有なキャッチャー。

(2020 S2)Sランク 梅野[阪神]の評価・称号

 

まだまだいきます、第3位!

それ、1番さん!ホールへの指示がスマートな甲斐選手!

守備の要として日本一まで導いた男はやはり箔がつきます。甲斐キャノンと野球界を賑わせて、もはや肩の強さは周知の事実となりましたが背番号19を背負って投手陣を引っ張るリードも絵になってきました。

きっとスローイングが良い時は81A、肩力が94Sあった頃に戻ってくれるでしょう。強いチームに良い捕手あり!

(2020 S2)Sランク 甲斐[ソフトバンク]の評価・称号

そして第4位!

大将、ごちそうさん。去り際スマート會澤選手!

セの打てる捕手といえば、會澤ばいく。年々顔面と風格は前田智徳さんに似てきてる気がしますが、そこは広島レジェンドへの階段なのでしょうか。守備的な部分で言うと若干の物足りなさは正直あるものの、打力はやはり超魅力。そして何よりゲームでも打ちやすい。

石原選手の引退もあり、後継者たちの育成待ち、まだまだ會澤選手に頼るシーズンは続きそうですが再び強いチームになるためにお願いします。

(2020 S2)Sランク 會澤[広島]の評価・称号

 

さて続きまして第5位!

投げられたたこ焼きを思わずこう、大城選手!

背番号24を背負い、チームをリーグ優勝に導いた大城選手。もちろん様々な面々が揃う巨人の捕手陣ですが、その中でも打力で頭ひとつ抜けています。

ちなみに前回シリーズは一塁手としての登場でした。中島選手がファーストを守ったこともあるかと思いますが、大きな要は存在感もあります。解説の方々がたまに言われるリード面に磨きがかかればよりナイス捕手に。

(2020 S2)Sランク 大城[巨人]の評価・称号

半分きました、第6位!

握り飯、お待たせしました。サイドから置く田村選手!

今シーズン、ロッテの躍進を支えた田村選手。投手陣と一対となって打者へ向かう姿勢、勢いの付けかたなどまさに捕手。前々回あたりから能力的には大きな変化はありませんが、徐々に捕手能力アップしてます。

若い頃から出場してるので目にする機会は多いですが、まだまだ若い。これから益々色々なアップに期待大。来シーズンこそはチームを覇者に。

(2020 S2)Sランク 田村[ロッテ]の評価・称号

まだまだ続く、第7位!

ラーメンの食べ方シミュレーション、行列に並ぶ太田選手!

弾道ラインドライブを持つ捕手太田選手。今シーズンは残念ながら終盤に怪我で離脱となりましたが、ルーキー時代から名前の如く光るものがある太田選手。楽天といえばの 嶋選手が抜け、やはり出てくるものです。プロ野球ってすごい。

捕手は投手が育てるとも言いますが、楽天の投手陣には素晴らしいメンツが揃っています。則本、岸、涌井投手という日本を代表する投手たちにぜひ育ててもらいたい。光れ!

(2020 S2)Sランク 太田[楽天]の評価・称号

まだまだいきます、第8位!

奥!その奥に停めて!木下選手!

久々にAクラスに入ったチームを支えたのは投手の力も大きいですが、やはり何と言っても捕手の存在は欠かせません。そんなチームを支えた木下選手。

捕手の力だけではもちろんないものの、きちんと勝利を拾っていくチームには名だたる捕手がいたことも確かであります。来シーズンから再びAクラスを争うチームとなるために貴重な捕手に違いなし。

(2020 S2)Sランク 木下[中日]の評価・称号

後半戦だよ、第9位!

ウーバーイーツ、素手で配達中、宇佐見選手!

攻撃型捕手として巨人で名を上げて、そして巨人→日ハム便に乗って北の大地へ。昨シーズンからデビューはされてるものの、打てる捕手の片鱗が再び見えたような今シーズン。

中弾道、パワー型など打てる要素は揃ってます。まだまだ若い、いきましょう。

(2020 S2)Sランク 宇佐見[日本ハム]の評価・称号

あと三人だよ、第10位!

マスクなしで入店の人にはこう、戸柱選手!

元々は打力優先という印象でしたが、年々捕手としての能力もアップしている感じの戸柱選手。特に盗塁阻止率が悪い印象もありましたが、今シーズンは中日木下選手に次いで2位。良い方です。あとはバッティングが安定してくれば申し分なし。

来シーズンに向けて、戦力が抜けたDeNAですが新体制で新たな強さを見せてくれるはず。マシンガン打線の復活にも期待。

(2020 S2)Sランク 戸柱[DeNA]の評価・称号

 

あと2人だよ、第11位!

のせ忘れた卵をバレずに入れようとする、伏見選手!

2018 シリーズ2では一塁手で登場してました伏見選手です。正捕手枠で登場です。中嶋監督となり、起用も変わってたりします。その中でも特に捕手はグッドな投手が多いのでとても大事なポジションになこと間違いなし。

そうこうしてたら辿り着いた伏見選手。アキレス腱断裂からの復帰はお見事。何事もトライが大事!

(2020 S2)Sランク 伏見[オリックス]の評価・称号

最後になりましたが、第12位!

お帰りニャーさい、ご主人様、西田選手!

今シーズン、チーム内の捕手たちの重なる離脱により巡ってきたチャンス、小川投手とともにノーヒットノーランを達成した捕手となりました。

それでどのくらい適正諸々アップするか楽しみな存在。もともと定評のある打力に、バッテリーとしてのアシスト能力がプラスになってくれば楽しみな存在に違いなし。

(2020 S2)Sランク 西田[ヤクルト]の評価・称号

まとめ

以上、シリーズ2の捕手の方々でした!

やはりトップ3は強し!

コメント