NEW! TS第4弾 俺的ランキング!
スポンサーリンク

【プロスピA】俺的ランキング TS タイムスリップ 第4弾 2020!

2020 TS 第4弾が登場しました!

2020-ts−4

今回も豪華なメンツでTS第4弾がやってまいりました。

さっそく、登場した選手たちをどうぞ!

◆パ・リーグ
栗山 巧   (西武/中堅手)
長谷川 勇也 (ソフトバンク/中堅手)
牧田 明久  (楽天/左翼手)
井口 資仁  (ロッテ/二塁手)
高橋 信二  (日本ハム/捕手)
岸田 護       (オリックス/抑え)

◆セ・リーグ
吉村 禎章   (巨人/右翼手)
村田 修一   (DeNA/三塁手)
藤浪 晋太郎(阪神/先発)
大竹 真  (広島/先発)
浅尾 拓也   (中日/中継ぎ)
五十嵐 亮太(ヤクルト/中継ぎ)

 

今回の第4弾は色々と好みが分かれそうな気もしますが、
いまだ記憶に新しい選手など、ナイスな選手が盛り沢山。

俺的ランキングいってみます!よろしくお願いします!

圧巻の第1位!

メリーゴーランドの馬に乗るシミュレーションに余念がない、浅尾投手!

落合監督率いる常勝中日の、圧倒的中継ぎこと浅尾投手。可愛いフェイスで君臨する圧倒的存在感。球威は全く可愛くない圧巻の86A。そして代名詞でもある落ちる2種のフォークとパームの破壊力。

こりゃ打てんぜよ!やはり中継ぎに必要なのは球種ではなく、球質。変化球の威力だと再確認。あの頃の対中日では、もちろん後ろの岩瀬投手の存在もありながら、浅尾投手の登場でジエンドな絶望を味わってました。

プロスピの中でも圧倒的中継ぎの1人に違いなし。

(2020 TS)Sランク 浅尾 拓也[中日]の評価・称号

そして第2位!

頭からバット生えた。村田選手!

誰ぞの引退試合でもホームランぶちかましちゃう、美しきホームランキング村田選手。現在はホークス松田選手が君臨している侍ジャパンのサードを長らく守っていた村田選手。

引退までの道筋は少し険しいものがありましたが、ホームランを量産していた姿はさすがでした。しかもこの年は打率も残っている年。サードはOBを含めると激戦区ではありますが、間違いなく候補の1人に入ってくるパワーヒッター。強い。

(2020 TS)Sランク 村田 修一[横浜DeNA]の評価・称号

 

まだまだいきます、第3位!

ファンからのヤジに振り返ると、金本監督だった時の藤浪選手!

誰もが待ち望んでいる姿の藤浪投手といっても過言ではないであろう2015年の藤浪投手。2019年のアニバーサリーでも登場してましたが、ここまでの能力は久々です。本当に色々とあるシーズンとなってますが、一軍での初登板はとりあえずは及第点。ここからまた一歩づつエースへの階段を登ってくれることを藤浪しんじたろうしてます。

今年は甲子園がない年になりましたが、甲子園で優勝したヒーロー。またとびきりのスマイルが見たい。今シーズン、いい球はやはり素晴らしい。一歩づつ!!

(2020 TS)Sランク 藤浪 晋太郎[阪神]の評価・称号

そして第4位!

ユニフォーム姿もオシャレな、長谷兄!

ソフトバンクから現役バリバリ感のある長谷川選手が登場。TS常連でもあります。何よりも毎年素晴らしい圧巻のミート83A!打ちまくったシーズン。ヒットメーカーとアーチストやパワーヒッターなど、かなりハイレベルな争いになりますが、広角に打てる長谷川選手はやはり強い。

ミートも称号までいければ86Aという数値になるので魅力あり〼。まだまだ若手には負けないという頼もしい宣言もありました。現役ヒットメーカー。

(2020 TS)Sランク 長谷川 勇也[ソフトバンク]の評価・称号

 

まだまだ欲しい第5位!

「いい席とっておきましたんでどうぞ」と宇宙人に媚びる、吉村選手!

1987年は24歳という若さの吉村さんですが、自分が子どもの頃に見ていた90年代の吉村さんも生粋のヒットメーカーという印象でした。時折天才バッターと言われる方々が登場しますが、その中の1人でもある吉村さん。

広島前田さんは置いておいて、松中さん、落合さん、そして吉村さんと若干ポチャな方が特に天才感出ていると勝手に思う今日であります。とにかくヒットを打てることに違いなし。

パワーも称号なんてところまでいければ、ミートとともにAも可能です。

(2020 TS)Sランク 吉村 禎章[ジャイアンツ]の評価・称号

半分きました、第6位!

「えっ…何そのサイン」動作に入ったけど指でハートを作るキャッチャーに固まる、五十嵐投手!

荒れ球万歳。投げ方の迫力から申し分ない球を投げ込む五十嵐投手。高津さん古田さん稲葉さん岩村さん、ペタジーニ、ラミちゃんなどなど、当時のヤクルトは超名選手の集まりといった印象でした。

そんな中でも、伸びた襟足で若さ溢れる迫力あるピッチングで魅せてくれていたのが五十嵐投手。球種は本当に少ないですが、荒れ球含めてどうにかなっちゃいそうな存在感。かなり青春補正も入ってますが、ナイス豪速球でねじ伏せちゃう系投手。

(2020 TS)Sランク 五十嵐 亮太[ヤクルト]の評価・称号

 

さて続きまして第7位!

この打席だけ王貞治になってみる、栗山選手!

今でこそ2番打者に強打者を追いたりもしますが、およそ10年前から漂う風格で2番打者だった栗山選手です。フェイスはもちろん、フォロースルーの美しさも球界随一。

強力西武打線を長年支えるイケメン。センターを守っていたこの年代では、高いミート力でヒットも量産されてました。なんせアベレージヒッター。これからもずっとチームに置いておきたい選手の1人。

(2020 TS)Sランク 栗山 巧[西武]の評価・称号

続いて第8位!

前歯に青のり付いてる事は、絶対にばれたくない!岸田選手!

長年オリックスの守護神に君臨していた岸田投手。若干ひねりのあるフォームだからか、特にストレートはバッチバチにきている印象。球威Aがないのがさみしい部分もありますが、制球77Bという球威とともにここまで高いと頼もしい。

限界突破なしで中継ぎの起用も可能なので、チームにいてくれると助かる投手。同値にこだわりのない人は、限界突破で球威or制球をAにのせることも可能!

(2020 TS)Sランク 岸田 護[オリックス]の評価・称号

まだまだ熱い第9位!

あ、サブマリンの?と何回も聞かれるので、
常にバットを持って移動する、牧田選手!

楽天の強肩外野手といえばこの方、牧田選手。今はサブマリンこと牧田和久投手がいますが、改めてみると明と和の一文字違い。肩82Aはもちろんですが、オールBという全体的なハイバランスな選手。

もちろん一芸が光るのがゲームの魅力ではありますが、ハイバランスな選手を入れてチームを締めるのもオツでございます。レーザービームを持った、生で見たときこそ特に魅力光る選手。

(2020 TS)Sランク 牧田 明久[楽天]の評価・称号

後半戦だ第10位!

知り合いだと思って大声で呼んだのに、
知らない人だった時の大竹投手!

昨シーズンのプレミア12にも選出された大竹投手。改めて、昨シーズン終盤はコロナでこんなことになると思ってもなかった2020シーズンとなってます。現在の大竹投手と言えば、やはりシュート中心の打たせてとるピッチング。

当時の大竹投手も大きくは変わらないものの、ストレートが速い。しかもチェンジアップで緩急も可能。ただゲーム的に絶対に当てられたくない場面で、若干弱い印象があるのがシュート系投手。もちろん高速スライダーでの組み立ても可能なので、そこは配球次第。一点、現役ながら、まだAランクの登場はないので、限界突破のしやすさはないかもです。

(2020 TS)Sランク 大竹 真[広島]の評価・称号

あと2人だ、第11位!

サイヤ人ばりに変わらない、現在の井口選手!

ロッテの恋人、井口監督。テレビに映った顔を見るといつも濃いなと思っちゃう、俺あるある。やはりメジャー帰りで存在感が凄かったロッテ時代。

ホークス時代の井口さんという素晴らしい能力を見ちゃうと(ホークス時代の井口選手はこちら)やはりホークス時代が欲しかった!なんて思っちゃうのですが、そこはまた別の味わい。

夢の代打俺をゲーム内で実践できる喜び。井口監督の指令のもと、井口選手で答える楽しみ。そんな味わいは他にはなし。

(2020 TS)Sランク 井口 資仁[ロッテ]の評価・称号

最後になりましたが、第12位!

SHINJOとともに登録名をSHIJIEにするか迷う高橋選手!

強打者捕手の1人、高橋信選手。本拠地が北海道に渡った年なこともあり、この方が札幌ドームで打ちまくっている印象は濃すぎるくらいにあります。やはり写真にもあるように右に大きいのが打てる魅力。

捕手能力もやはり打力が恐ろしいくらいに光っていました。捕手適性のみなので、捕手で起用しかないので若干の不安はありますが、打って勝つチームには是非欲しい捕手。チャンスの場面で盛り上がるあの頃の札幌ドームは特に新しいワクワクがありました。蘇ります。

(2020 TS)Sランク 高橋 信二[日本ハム]の評価・称号

まとめ

以上、TS第4弾の選手たちでした!

やはり唯一無二感があるのは特に浅尾投手選手!圧倒的に欲しい!

コメント