NEW! 俺的 OB チャンピオンシップスターズ ランキング!
スポンサーリンク

【プロスピA】俺的ランキング 2020 OB 第2弾!

2020のOB 第2弾が登場しました!

プロスピ-OB第2弾-2020

さっそく、登場した選手たちをどうぞ!

◆パ・リーグ
和田 一浩  (西武/左翼手)
小久保 裕紀 (ソフトバンク/一塁手)
山﨑 武司  (楽天/一塁手)
村田 兆治  (ロッテ/先発)
田中 賢介  (日本ハム/二塁手)
山口 高志  (オリックス/抑え)

◆セ・リーグ
清水 隆行  (巨人/左翼手)
平松 政次  (DeNA/先発)
井川 慶   (阪神/先発)
前田 智徳  (広島/右翼手)
中尾 孝義  (中日/捕手)
宮本 慎也  (ヤクルト/遊撃手)

 

まさに往年のOB選手も登場!やはりOBは何弾でもメンツは祭り級。

俺的ランキング OB第2弾編、よろしくお願いします!

ナイスな第1位!

自分の打球音をバットから聞く、前田選手!

OB選手でどれだけ能力が高くても、個人的にフェイスとフォームが似ていないとやはりちょっとテンションが下がるのですが、この方はほぼパーフェクト前田選手です。

誰もが口を揃えていう天才バッター。打撃だけじゃなく守備も上手いまさに天才プレイヤー。

近年は、そんなに喋る方なんですねという驚きもあるのは正直なところですが、常にアップデート、それこそ天才と呼ばれるゆえんでしょう。超アベレージヒッターとアーチストを持つオシャレすぎる特殊能力。欲しい。

(2020 OB)前田 智徳[広島]の評価・称号

そして第2位!

オタ芸の極パフォーマンス、平松投手!

現在の解説での可愛いお姿しか知らないので、闘志ガンガンでここまでエグいシュートを投げ込まれたら泣いちゃう可能性もありそうな平松投手。とりあえず写真だけで10点満点間違いなし。かっこいい。

変化球的なバランスは置いておいても、限界突破4までいければ先発・中継ぎ・抑えとどこでもいけちゃう、昔の型あるある奇跡のオールマイティー。キレッキレのカミソリシュート、球威も抜群。強い。

(2020 OB)平松 政次[横浜]の評価・称号

 

まだまだいきます、第3位!

ハイボールに入れるための氷を隠し持つ、井川投手!

最近はバラエティでもお見かけしますが、優勝の翌日、自身の登板に備えてビールかけにも参加しなかったミスターストイック。ほぼストレートとチェンジアップしかない変化球をどうとらえるのが良いかと考えます。

OBで登場した上原投手同様、リアル変化球はこれだけではないような気もするのですが、前回登場時の井川投手は個人的には使用感抜群でした。

しっかりとブレーキのきいたチェンジアップはきっとゲームでも中々打てないはず。この方を見ると星野監督を思い出します。色々と時代は変わっていますが、伝説の名選手たちを起用できるOBはやはり素晴らしい。

(2020 OB)井川 慶[阪神]の評価・称号

そして第4位!

兆治、調子は絶好調!村田投手!

32歳当時の写真だとは信じがたい村田兆治投手。今が若いのか、当時から老けているのか全く変わってなく見える圧巻のマサカリ投法。若さの秘訣は〇〇ですと売り出せば、爆売れ間違いなしの存在。

何と言ってもキレ味抜群、落差マックスのフォークと150kmオーバーの速球でどこまでいけるのか、いや行ってみたいのか。限界突破5以上が必要ですが、中継ぎもできるのでそんな起用もありかも。
どんな起用法かは置いておいてもロマン枠間違いなし。

(2020 OB)村田 兆治[ロッテ]の評価・称号

さて続きまして第5位!

キラリ一撃☆和田選手!

前回は中日で登場されてましたが、今回は西武で登場。きっとシルエットだけでも誰かわかるであろう、フォロースルーも印象的和田選手です。ドリームマッチでのハゲしい乱闘でスタンドを沸かせられてますが、現役時代にスタンドへ放り込むハゲしいライナーはエグいものがありました。

打率が良いのでミート高めですが、パワーももう一声あっても良いであろう成績。十分凄いですが。あとは捕手適性なんかもあり(限界突破5以上で)捕手に入れちゃうロマン的なものもあったり。

(2020 OB)和田 一浩[西武]の評価・称号

半分きました、第6位!

足元が美しい、小久保選手

特殊能力から漂う強打者感は流石の一言、小久保選手です。弾道アーチストのサードの一人です。中村紀さん原辰徳さん掛布さんなど各球団の顔が揃うポジションでもあります。

ホークスのコーチとして招集されるとのことなので、次のシリーズからはTSでの登場も可能性大いにあります。今の工藤監督政権はまだまだ続きそうですが、監督ではなくてもコーチでもチームを引っ張るリーダーシップに変わりはないでしょう。ジワジワと王監督時代のホークスの面々がカムバックしてまいりました。まだまだOB、TSお熱いです。

(2020 OB)小久保 裕紀[ソフトバンク]の評価・称号

 

まだまだ続く、第7位!

前に見える北斗さんを意識する、田中選手!

圧巻の守備力とミート力でチームを牽引した田中賢選手。もちろん足も速い。北海道へ移転して、北の大地を盛り上げまくった時代のファイターズの顔といっても過言ではない選手。ピンクのリストバンドが印象的でした。

現役にもグッドなセカンド選手たちはいますが、ここまで守備・ミート・走力の高い田中選手は超魅力的。特殊までも駆使できちゃう人は守備がAになるので、より魅力マシマシ。

(2020 OB)田中 賢介[日本ハム]の評価・称号

まだまだいきます、第8位!

カバンはいつも後ろにこう、キムタクタイプの山口投手!

阪神藤川投手の引退によって、最近よくテレビでお見かけしてたのもあり、旬なOB感がいなめないOB界のミスターストレート山口投手。歴代の名選手がよくストレートを讃えられていますが、改めて数値で見ると88A。球速自体はそこまで速くないものの、藤川投手同様打てないストレートに違いなし。

あとはゲームでどこまでその感じが出ているのか。球威Sも夢じゃない、まさにどストレート。限界突破なしで中継ぎも可能です!

(2020 OB)山口 高志[オリックス ]の評価・称号

 

後半戦だよ、第9位!

最初はシーサ!とか変なジャンケンの掛け声に怒、宮本選手!

流し打ち、送りバント、粘り打ちとプロは大きいのを打つだけじゃないを魅せてくれた宮本選手。何よりうま過ぎる守備は抜群の存在感でした。コーチになられてからは表情の怖さで存在感モリモリでした。

ショートにどのような選手を置くかは一つのポイントですが、守備の特に捕球では間違いなくトップクラス。もちろん守備職人。打てるショートも魅力を感じつつ、宮本選手のような選手をチームに入れたほうが実は強くなるインパクト。

(2020 OB)宮本 慎也[ヤクルト]の評価・称号

あと三人だよ、第10位!

大胆に中華鍋を振るう、山﨑選手!

楽天のミスターアーチスト山﨑選手。大きなバディーから足を上げてスタンドへ運ぶ打球はまさにアーチストでした。チームの低迷期も支えていたベテラン勢がいたから今の楽天があると言っても過言ではありません。

ミートの低さはあるので、どこまでの使用感で行けるかは置いておいても当たればスタンド間違いなし。ただ守備はノーグッドなので、起用に迷いどころはございます。

(2020 OB)山﨑 武志[楽天]の評価・称号

 

あと2人だよ、第11位!

これがね90度。足で角度を伝える清水選手!

近年、2番に強打者を置いているチームも多いですが、1番か2番の変動ありつつも清水選手こそ最強の2番打者だった記憶がある幼少期。仁志選手、高橋由伸選手、そして松井選手と続く打線はまさにミレニアム。

んーどうでしょう、と監督さえも絵になる球団、それが巨人。

キレイなオールB、今で言うと背番号が同じ亀井選手のような雰囲気もありますが、いつかOBだけでチームを作りたくなる時の上位打線には欠かせない存在。

(2020 OB)清水 隆行[巨人]の評価・称号

最後になりましたが、第12位!

打った瞬間バットを預ける、スマート中尾投手!

まさに育てる捕手こと中尾選手。外野にコンバートなんかもありつつ、やはり捕手としての能力は魅力的。打てる捕手としてのミートとパワーはもちろん、肩も強い(だから外野もできる)。

捕手としてはOBの場合、中々に強力な選手たちを待ってしまうのが正直なところ。でも、捕手としての能力、バッティング能力までを含めると捕手の中では上位クラスに違いなし!

(2020 OB)中尾 孝義[中日]の評価・称号

まとめ

以上、OB第2弾の俺的ランキングでした!

個人的にはやはりトップ3特に前田投手を狙いたい!

コメント