NEW! 俺的ランキング アニバーサリー第1弾!
スポンサーリンク

【プロスピA】2020 ワールドスター登場選手まとめ (大谷・田中・菊池・平野)

2020年のワールドスター選手

 

大谷 翔平(打者)

NPBでは漫画級の活躍でメジャーへと渡った大谷選手。レフト方向にぶち込む打球はまさに広角打法。弾道もアーチストで最強。もはやピッチャー大谷さんであることを忘れちゃう存在感。

もうオオタニサンは、このワールドスターでしか手に入れられないわけですが、そこにエナジー注ぎこむ価値があるのは間違いなし。外野陣はNPBも豊富ではありますが、唯一無二の存在欲しくないわけがない。しかし、投手オオタニさんと天秤にかけちゃうのは正直なところ。しかし、それ自体も同一人物というプロではおかしな話。

2020 WS 大谷 翔平(打者)

平野 佳寿(中継ぎ)

背番号6というNPBでは珍しい背番号で投げられてました平野投手。NPB時代といえば、やはりかなり高い威力あるストレートとフォークの組み合わせ。三振を獲れない気がしないバランスの良さ。何よりきれいなフォームが素敵でした。

今回の登場時の成績もそうですが、オリックス時代には防御率1点台を一回だけではなく、4回達成。安定感も抜群。

2020 WS 平野 佳寿(オリックス)

 




田中 将大(先発)

常勝軍団のエースも良いですが、やはり最下位に沈んでいたくらいのチームを優勝に導く姿にはロマンを感じます。まさにそんな男、田中まーくんの登場です。ダルビッシュさんの自分を監修も超胸熱でしたが、Aランクでもバンバン抑えれるこの人はやはり凄い。現役ながら伝説ともいえる記録を残すことは容易ではない。

もちろんオールA。変化球は全て圧巻。アニバ前の登場もお構いなし。ありったけのエナジーを注ぎ込みたいコスト31。

2020 WS 田中 将大(楽天)

菊池 雄星(先発)

海を渡り「イチローさんに 雄星、今日は泣くなよ!」と声を掛けられたあの日から早いもので月日は流れていますが、あれからこの一年、世界でも様々なことがありました。

菊池投手の能力はもちろん最強クラス。球が速いサウスポー。変化球のコントロールはメジャーでもかなり大事になってきますが、西武時代で見ればオージーカーブとチェンジアップで緩急もOK!それぞれの球種も質・バランスともにベリーグッド。強力な左腕の補強に間違いなし。

2020 WS 菊池 雄星(西武)

コメント