NEW! OB チャンピオンシップスターズ 登場予定選手!
スポンサーリンク

【プロスピA】俺的ランキング センター・中堅手 2020 シリーズ2!

2020シリーズ2の中堅手が登場しました!

では、登場した選手たちをどうぞ!

◆パ・リーグ
金子 侑司 (西武)
柳田 悠岐 (ソフトバンク)
辰巳 涼介 (楽天)
荻野 貴司 (ロッテ)
西川 遥輝 (日本ハム)
佐野 皓大 (オリックス)

◆セ・リーグ
丸 佳浩  (巨人)
梶谷 隆幸 (DeNA)
近本 光司 (阪神)
西川 龍馬 (広島)
大島 洋平 (中日)
山崎 晃太朗(ヤクルト)

 

やはりナイス選手の集まりセンター。
リーグ屈指の走力を持つ選手たちも登場です。

俺的ランキング センター編、よろしくお願いします!

ナイスな第1位!

昨日の夕飯を歯の奥の方で思い出そうとする、柳田選手!

今年も凄かった柳田選手。とにかく規格外。能力はあいも変わらず最高潮のオールA。誰もがゲットしたい選手に違いなし。ミート・パワーの83Aは歴代のOBかつ名選手級。

それでもミートとパワーのみの数値だとOBにもいることはいます。しかし、走力までAに乗っている選手は珍しく超貴重。

たとえトリプルスリーではなくても、迫力が違います。リアルでもゲームでもこれだけ魅せてくれる選手を観られる嬉しさ。ヘルメット脱げちゃうやつもかっこいい。

(2020 S2)Sランク 柳田[ソフトバンク]の評価・称号

そして第2位!

ボールを仕留める前に、腰に電気が走る丸選手!

シーズン序盤こそ、不調に見えたもののシーズン終盤には安定した成績になっている丸選手。今シーズンは四番も務めました。歴代何人目とかの表現は必要ないとの意見もありますが、あえて言うのも風情があって良いなと思う気もいたします。1人5連覇見事達成。あとは日本一ですね。

完全にオレンジ色に染まった昨年から、すでに巨人の顔となりました。これぞ社会人の鏡。環境に左右されることなく、自分の力を発揮する。守備もいいので、頼もしい外野陣に。

(2020 S2)Sランク丸[巨人]の評価・称号

 

まだまだいきます、第3位!

名前だけでも覚えといて下さい、背中で魅せるハム西川選手!

もともとそうですが、打って走れる、かつ出塁率が高いので塁に出られる、そんな能力により磨きがかかった西川選手。現役最強走力の持ち主です。今シーズンついにメジャーへの扉が開かれるのか否かであります。ラストハム輝になるのか。なんせミート77Bまでやってきたので、Aに載せることなんかも可能。

綺麗なフォームで走りまくる姿、北の大地から何処へ。オフの楽しみを気長に待ちましょう。

(2020 S2)Sランク 西川[日本ハム]の評価・称号

そして第4位!

ほう、あれが巨人か。レギュラー獲りへ進撃の梶谷選手!

今シーズン見事なアゲアゲっぷりで大幅アップデートを見事達成、梶谷選手。62C 70B 77Bからのアップです。

個人的には横浜の梶谷選手がおヒゲも似合ってて好きでしたが、巨人へ移籍ムード超濃厚です。おヒゲを剃って背番号13を背負う梶谷選手、どんな活躍を魅せてくれるでしょうか。盗塁数のみ伸びてくれば、今からでもトリプルスリーも夢じゃない。

(2020 S2)Sランク 梶谷[DeNA]の評価・称号

 

さて続きまして第5位!

素振りしながら何とも言えない会見を見つめる、大島選手!

2年連続で最多安打を獲得した中日大島さん。年齢的な衰えを知らないミ、もはやミスタードラゴンズ。年々うまくなっている気がするだけじゃない、巧打の選手たちの目指すべきスタイルな気がします。

安定したミートと走力で駆け回る姿はもはや30代中盤ではない。来シーズン、よりベテランの福留さんの加入もあります。まだまだ若い。強くなってきた中日を引っ張るリードオフマン、来シーズンは200本安打なるか。

(2020 S2)Sランク 大島[中日]の評価・称号

半分きました、第6位!

バッティングのセンスってのは顔に出ますからね、カープ西川選手!

あと少し、もうすぐそこにきている西川龍馬さん。あと少しの覚醒できっとガラッと変わる。チームメイトの証言通り、天才感は溢れこぼれています。チームの躍動とともに来シーズンは登ってほしい。

ミートAまであと少し。まず、そこが届けばあとは勢いで全部Aまで届いちゃう、そんなきさえしちゃうセンスの塊。西川さん、才能の夜明けぜよ。

(2020 S2)Sランク 西川[広島]の評価・称号

まだまだ続く、第7位!

ガムのCM狙っていく、荻野選手!

年齢を重ねても、まだまだ足が速い印象の荻野選手。FA行使せずロッテへの残留も決まりました。
今シーズンチームとしては2位で久々の躍進。若い力も育ってきましたが、ロッテの魅力はまさに融合。

打って走って守ってを全力プレーは怪我という代償もありますが、それでも挑み続ける姿は魅力的です。30台中盤を超えてまだまだ駆け抜ける姿を見たい!

(2020 S2)Sランク 荻野[ロッテ]の評価・称号

まだまだいきます、第8位!

福留さんが中日のユニフォーム着てる。近本選手!

徐々にミートAなんかも夢じゃなくなってきた、阪神のリードオフマン近本選手。今シーズン最終的に3割乗りませんでしたが、ルーキー時代から2年連続で2割後半で走り抜けた安定感はさすがの成績。そして、何よりもきちんとタイトルを取り切る強さもあります。

あとはここで打率さえ残せれれば、より怖い存在になること違いなし。近本選手が打って走って、大山選手が返す、そんな戦いこそ阪神の代名詞となるでしょう。

(2020 S2)Sランク 近本[阪神]の評価・称号

後半戦だよ、第9位!

チューチュートレインのイントロ待ち、金子選手!

今シーズン、ケガなどもあり持ち前の走力での盗塁数がいまいち伸びきらなかった金子選手。周東選手の登場もあり、他にもナイス走力の選手たちが出てきてるので来シーズンは痺れるデットヒートを見れそうな予感であります。

センターのレギュラーというよりも足を使う選手として一芸枠での起用を考えてみるのととても優れている金子選手。特殊能力なんかもまさに走塁男。来シーズン西武打線の火付け役となれるか!?

(2020 S2)Sランク 金子[西武]の評価・称号

あと三人だよ、第10位!

きっとアンカーで賑わせてきた男、辰巳!

外野からのただの返球でさえも糸を引いているように見える辰巳選手。強肩です。打力も絶対に外せないものではありますが、プロには守備で魅了させてくれる選手がいます。そんなプレーヤーの一人です。

守備適性Aはやはり魅力あります。肩の強さは現役外野手ナンバーワンに違いなし。若干パワーアップしている辰巳選手ですが、ここから打力はどのくらい上がってくるのか。3年目の飛躍を期待して待ちましょう。

(2020 S2)Sランク 辰巳[楽天]の評価・称号

 

あと2人だよ、第11位!

どこかチアリーダー感を隠せない、佐野選手!

投手→野手転向からの名選手はたくさんいらっしゃいますが、佐野選手もそうなるのか。少ない試合ながら多い盗塁数、そしてスイッチヒッターなど今後楽しみな要素はムンムンです。

若い選手というのはこれまで育ててきた芽が一気に開花することもあります。佐野選手にとってそんな来シーズンになればオリックスの浮上もありそうな予感。特殊能力にとりあえず足系ガンガン入ってます。

(2020 S2)Sランク 佐野[オリックス]の評価・称号

最後になりましたが、第12位!

大事なバットとともに行く、山崎選手!

なんとなく印象もあると思うのですが、いつも打率よりも打っている風に感じる山崎選手。しかもパンチ力もあるように見える不思議。特にチャンスで打っているシーンをよく見るからでしょうか。

あと、もう2年ほど前になりますが、いつも思い出すのは炎の体育会TVでのバッティングでトスのあげ方で廣岡選手に叫んでいる顔は気迫そのもの。

バッティングコントロールの良さも抜群でした。チャンスの強さは間違いなし。良いところで打順が回ってくればヤクルトはもっと強くなるはず。

(2020 S2)Sランク 山崎[ヤクルト]の評価・称号

まとめ

以上、シリーズ2のセンターの方々でした!

やはり毎度センターのランキングはむずかしい!

コメント