NEW! 俺的ランキング アニバーサリー第1弾!
スポンサーリンク

【プロスピA】俺的ランキング サード・三塁手 2020 シリーズ2!

2020シリーズ2の三塁手が登場しました!

2020-s2−三塁手

では、登場した選手たちをどうぞ!

◆パ・リーグ
中村 剛也 (西武)
松田 宣浩 (ソフトバンク)
鈴木 大地 (楽天)
安田 尚憲 (ロッテ)
ビヤヌエバ (日本ハム)
宗 佑磨  (オリックス)

◆セ・リーグ
岡本 和真 (巨人)
宮崎 敏郎 (DeNA)
大山 悠輔 (阪神)
堂林 翔太 (広島)
高橋 周平 (中日)
村上 宗隆 (ヤクルト)

 

やはり花形のサード。リーグ屈指の強打者が登場です。

OBも強いポジションですが、現役も欲しい。
俺的ランキング サード編、よろしくお願いします!

ナイスな第1位!

目の下の真っ黒なクマが努力の証、村上選手!

この選手の登場から、これからを観れる事は間違いなく貴重な体験なのでしょう村上選手です。タイトル獲得こそないかもですが、打率・本塁打・打点とすべてにおいて5位以内に入ってきそうなシーズン終盤です。つまり三冠王に最も近いといっても過言ではない20歳。

乱闘チックな場面でも場を収めようと率先して前に出る存在感は、チームの中心選手そのもの。何より打ったシーンはもちろんですが、凡退後の悔しそうな表情が全てを物語っている気もします。確信歩きのかっこよさは歴史に残ること間違いなし。

まだまだ能力のアップデートは期待したいですがフォロースルーの反映なんかもあり、かっこいいのでゲームでも使いたくなること間違いなし。

(2020 S2)Sランク 村上 宗隆[ヤクルト]の評価・称号

そして第2位!

鼻毛も伸ばす、げん担ぎ! 口はオープン打法岡本選手!

本塁打王を獲得するかいなかの戦いが続いている岡本選手。リーグ優勝はほぼ間違いなし。周りを明るくする存在はまさに新時代の四番という気もしますが、打席での貫禄はもはや日本代表のアレです。

十分なパワーと打率が残ってくればよりプラスされるであろうミート。何よりチームを勝ちに導いている打点は頼もしさそのもの。打点を稼ぐ四番こそチームの理想でもあります。
今シーズンの日本シリーズが一方的に終わるか終わらないかは岡本選手次第と言っても過言ではない!

(2020 S2)Sランク 岡本 和真[巨人]の評価・称号

 

まだまだいきます、第3位!

ホームラン王を争う時代が来るなんて、ボク、感激です(のぶ代)大山選手!

フォロースルーが徐々に絵になる男になってきました大山選手。ホットスポットであったサードだった年も、4番から下位打線を打つようになった時も、変わらずに飄々とバッターボックスに入る姿が印象的でした。そうして、成績が上がってくるとやはり見る目はひっくり返ります。

本塁打王を争うシーズン終盤となっていますが、ここまできたら獲得して欲しい。このまま豪快なスイングが続いていきますように。

(2020 S2)Sランク 大山 悠輔[阪神]の評価・称号

そして第4位!

こんなおばちゃんいるよね、後ろ姿選手権!
ぶっちぎり優勝の中村選手!

昨シーズン打点王を獲得した見事な活躍から、今回の能力も素晴らしです。が、今シーズンは苦戦中。調整が難しいシーズンとなり、実績のある選手ほど?打率など下り目であるような気もしますが最終的にどうなるでしょうか。

しかし、ゲーム的な観点からのおかわりさんの1番の魅力といえば、自操作での打ちやすさにあるのではないかとも思います。アーチストはもともと打ちやすいですが、そんなアーチスト界の中でも間違いなく打ちやすい選手。サードは激戦区ですが、操作感は間違いなくトップクラス(個人的見解)。

(2020 S2)Sランク 中村 剛也[西武]の評価・称号

 

さて続きまして第5位!

「すいませーん、この段ボールはどこへ?」
引越し屋のバイトで一番動くタイプの鈴木選手!

チームが変わっても選手の持つ本質は変わらない。まさにそんな素敵な姿を実践してくれている鈴木大地選手。プロ初の3割越えも見えているシーズン終盤であります。三塁手としての登場ですが、限界突破次第では内野をすべて守れるユーティリティー。そんなユーティリティーがゆえのシーズンなんかもありましたが、浅村選手が打点を稼ぐにも必須の選手。

高いミートはAまであと少し。キャリアハイからのキャリアハイへ。いきましょうCS突破まで。

(2020 S2)Sランク 鈴木 大地[楽天]の評価・称号

半分きました、第6位!

あちゅお、この後2回まわります。松田選手!

写真は相変わらずかっこいい、熱男さん。長年続いていた本塁打量産が残念ながらストップしちゃいそうなシーズンではあります。しかし、守備しかりバッターボックスしかり存在感は圧倒的。何より顔からも生命力が溢れています。

今シーズンは、無観客でのカメラ目線での熱男ポーズも痺れました。これぞミスターエンターテイナー。プロスピでも特有のフォロースルーは使ってて楽しい。ミートCは少し寂しいものの、走力Bを保つベテランサード。

(2020 S2)Sランク 松田 宣浩[ソフトバンク]の評価・称号

まだまだ続く、第7位!

「素手じゃないですよ?」
バットでスカートめくりをして弁明する宮崎選手!

やはりこの方には3割が似合います、宮崎選手。柔らかいフォームから鋭い打球。3割30本を期待される力があるので、まだまだもう一声感はあるのが正直なところではありますが、次回登場時はミートAに乗ってくるでしょう。首位打者を獲得した天才的なバッティング。

ラミレス政権は残念ながら今シーズンまでとなってしまいましたが、築き上げた基盤で来年こそあるか。ここからできるだけ打率上りますように。

(2020 S2)Sランク 宮崎 敏郎[横浜]の評価・称号

まだまだいきます、第8位!

Majiでぶつかる5秒前、高橋選手!

劇的なサヨナラホームランなどありましたが、やっと脂が乗りベストナインとゴールデングラブ賞も獲得した昨年。残念ながらミートA パワーBには届かず。あと少しの3割越えなど条件は様々ありそうですが、今シーズンクリアしてくれるに違いなし!

もともと認められている能力で、シーズンを通しての活躍を持続してもらえれば、超絶魅力的な三塁手になること違いなし。なんせフォームがいい。しゅうへいでぇーす!!

(2020 S2)Sランク 高橋 周平[中日]の評価・称号

後半戦だよ、第9位!

腕を出したい VS 出したくないで葛藤中の安田選手!

もちろんまだまだ成長過程ではありますが、誰もが期待する何かを持つ選手。4番にどっしりと座れる選手は限られていますが、どんな成績であってもその違和感がなくなりつつある気もします。かつチームもきちんと上位にいます。存在感も関係あるのでしょうか。

プロの世界も間違いなく出会いが大事。振り返ったときに井口監督が4番に据えられている今シーズンがあってよかったのだと必ず思えるはず。ロッテの顔へ道は開かれている!

(2020 S2)Sランク 安田 尚憲[ロッテ]の評価・称号

あと三人だよ、第10位!

誰にも見えない板が上半身にある、堂林選手!

最終的にはどのくらいの打率が残るかですが、シーズン序盤の勢いはとてつもなかった堂林選手。新・神ってる男でした。しかし、やはり絵になる男の活躍は野球界を盛り上げます。打った後の確信歩きなんかは主人公そのもの。

イケメンがそうさせるのか、美しさまであります。大幅アップデートでここからカープの主軸に座るまでのストーリーで再び心を鷲掴みにして欲しい。高校時代からそうですが、稀有な存在感はずっとあります。プリンスここからでありんす。

(2020 S2)Sランク 堂林 翔太[広島]の評価・称号

 

あと2人だよ、第11位!

信じてるのは宗のドキドキだけ〜♪

何よりビジュアル面の変化にも目がいく宗選手。ヒゲってメジャー感あるなと改めて実感。外野手ながらサードでの出場されてます。やはり色々守れるようになるのは大事。

バッティングにも期待はありますが、何より足は最大の武器。ランニングホームランを実現させる脚力あります。まだまだ盗塁王までの道は険しいものの、争って欲しい。オリックスの背番号6を背負う男として!

(2020 S2)Sランク 宗 佑磨[オリックス]の評価・称号

最後になりましたが、第12位!

バットをスネにぶつけて、心配を煽るビヤヌエバ選手!

巨人→日本ハムというホットラインかつ、来日2年目ということで期待値の高かったビヤヌエバ選手。北の大地での躍動は今シーズンは少しお預けでしょうか。

守備の安定感など、バッティングだけではない貢献度もありますがパワーヒッターとしてはもう少しパワーの上乗せが欲しかったりします。

(2020 S2)Sランク ビヤヌエバ[日本ハム]の評価・称号

まとめ

以上、シリーズ2のサードの方々でした!

上位の面々はタイトル争い必須!

コメント