NEW! OB第1弾 俺的ランキングはこちら
スポンサーリンク

大人ニキビを治す塗り薬。薬局の市販薬と皮膚科の処方薬の違いについて

ニキビに悩んでいると、薬局でニキビ用の薬を買ったり、皮膚科に行って薬をもらったり、薬ばかりが増えていきますよね。

でも、そもそも薬局で買う市販薬と、皮膚科でもらう処方薬と効果は違うのでしょうか?

今日は市販薬と処方箋の違いについてまとめました。

1.市販薬と処方薬の違い

市販薬とは薬局で買えるニキビの薬で、最近では通販でも買えます。
逆に処方薬は、実際に皮膚科で診療してもらった後にもらう薬のこと。

ちなみに僕は両方ともためしました。

その上での市販薬と処方薬の違いを書きます。

1.1 ニキビが小さく1つ2つできてしまった・・・という方

そんな方であれば、市販薬でも十分だと思います。
ビフナイトとか・・・

その箇所に塗るだけで2、3日経てば効果がでてきます。
自然完治かもしれないですが。。

1.2 もっと深く大きな範囲でできてしまった・・・という方

ただ、頬全体に広がったり口周りにできてしまったり、
おでこに広がったり、そんな方には処方薬をおすすめします。
ちなみに僕はこっちで悩んでいました。

薬局にも、赤ニキビ用、白ニキビ用など種類は色々あります。
中にはわりと値段のする効果がありそうなものも。

でも範囲が広い方は、正直どれを使っても効果はあまり変わりません。
変わるとすれば「高い値段だし効果あるはず!」というあなたの気持ちくらいです。

市販ではなく、保険を使って病院に行きましょう。
そして、薬が必要なら市販ではなく処方してもらいましょう。




2. まとめ

まだ初期のニキビだとか、小さなニキビができた方は外から治すこと(塗り薬)で完治が見込めます。

ですが、大きく、そして深く痛いようなニキビができてしまった方は外から(塗り薬)だけではなく、中から(飲み薬)との併用で治す必要があります。

市販薬と処方薬との違いは、単なる塗り薬の違いだけではなく、病院に行くか行かないかの違いにあると僕は思います。

 

市販薬を買おうか迷っている人にはアポスティークリームと言う商品がおすすめです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

市販の薬でニキビを治すならアポスティークリームがおすすめ

 

コメント