NEW! 俺的ランキング アニバーサリー第1弾!
スポンサーリンク

【プロスピA】俺的ランキング ファースト 一塁手 2020 シリーズ1!

2020 ファーストの選手たちが登場しました!

プロスピA-ファースト-一塁手-2020

各球団、色のでるファースト。

OBやTSでも熱い選手が登場しやすいポジションではありますが、
やはり限界突破のしやすさも大事。

では、登場した選手たちをどうぞ!

 

◆パ・リーグ
山川 穂高 (西武)
内川 聖一 (ソフトバンク)
銀次    (楽天)
井上 晴哉 (ロッテ)
中田 翔  (日本ハム)
モヤ    (オリックス)

◆セ・リーグ
大城 卓三 (巨人)
ソト    (DeNA)
ボーア   (阪神)
松山 竜平 (広島)
ビシエド  (中日)
村上 宗隆 (ヤクルト)

 

ジャパニーズスラッガーはもちろん優良助っ人も多数。
豪華なメンツで俺的ランキングいってみます(ロマン枠あり)!

よろしくお願いします!

もちろん第1位!

デッカイハナクソ、ソラニ、ポーン。ソト選手!

プロスピA-ソト-横浜

強力なファーストに仲間入りのソト選手。弾道もパワーヒッターからアーチストへと変更となってます。昨シーズンは本塁打と打点の二冠からのベストナイン。2年連続ホームランキングは今シーズン序盤でもパワーを見せてくれてます。圧巻パワーはOB級。

現在、ファーストにはロペス選手、ライトにはオースティン選手などDeNAの中でどの球団も欲しいクラスの助っ人たちが渦巻いていますが、やはり実績十分の方には安心感もあります。DHでも申し分ない打力。今年もタイトル獲得の可能性大です!!

(2020 S1)Sランク ソト[DeNA]の評価・称号

そして第2位!

さっきね、裏でこのくらいの辻監督見たんですけど。
こわいなこわいなー、山川選手!

プロスピA-山川-西武

本塁打王は今年もこの方なのか!? キャンプではリチャード選手に厳しい一面が見えつつも、しっかりと理論なども考えてこその成績なのだと思いました。やはりどんな職業でもプロは考えて行動する大切さを再確認。

打率の数値から残念ながらミートが若干のダウンとなってますが、今シーズンはヒットも打てるようシフトされてる印象なのでアップデートにも期待。侍ジャパンに選出はありませんでしたが、現役では魅力あふれるホームランキング間違いなし。

(2020 S1)Sランク 山川 穂高 [西武]の評価・称号

 

まだまだいきます、第3位!

打ったあと「人」っていう字みたいになるのいいって言ってました。
MR.ロマン、村上選手。

プロスピA-村上-ヤクルト

打った打球に解説の方たちも、思わず声を上げているのが令和の怪物の象徴なのでしょう村上選手です。現状の能力で欲しいかどうかを判断するのが常ではありますが、圧倒的ロマンで欲しさ満点に違いなし。
サヨナラグランドスラムでの確信歩きは歴史に残るカッコよさでした。

足も速いし若いので、ファーストでどっしりするより今はサードを守った方が良いと若松さんも仰ってましたが、ゲームでも限界突破次第でサードも守れます。

フォロースルーの反映なんかもあり、かっこいいのでゲームでも使いたくなること間違いなし。バレンティン選手が抜けた今シーズン序盤から座る4番に何の違和感もなし。このまま能力も高くなること間違いなし。

(2020 S1)Sランク 村上 宗隆[ヤクルト]の評価・称号

そして第4位!

じゃっかん遠目でアイーンしてみるビシエド選手。

プロスピA-ビシエド-中日

ガンガンにホームランを打ってくれる助っ人(4番)も良いですが、やはりジャパンのスモールベースボールという繋ぐ打線を象徴するようなライナーは魅力満載。首位打者を狙えるクラスの打者が中心にいることで、打も線になるということであります。

称号次第ではAに乗りそうだったパワーが76Bとなってますが、パワーも大事だけどミートも大事だと教えてくれるビシエド選手の魅力に変わりなし。

(2020 S1)Sランク ビシエド[中日]の評価・称号

 

さて続きまして第5位!

ラジオ体操のねじるやつ独特の銀次選手! 

プロスピA-銀次-楽天

2019S2ではパワーが59Dで若干の見栄えの悪さがあったものの、再び60Cに復活。そしてミートは79B2アップ。3割にのせた打率で再びミートAも近づいてきました。

そして起用法はお任せあれではありますが、適性で捕手Fあります。昨シーズンのように銀次キャノン再びとなるのか!? 今シーズン強打の楽天打線には欠かせないヒットメーカー。

(2020 S1)Sランク 銀次[楽天]の評価・称号

半分きました、第6位!

あっち向いてホイに12連敗。
絶望のふち、井上選手!

プロスピA-井上晴哉-ロッテ

パワーが前シリーズよりも若干下がったものの、弾道がパワーヒッターになっています井上選手。エキサイティングでも登場していました!

シーズン序盤からナイスアッパースイングでグランドスラム打ち込まれていましたが、何より7月現在打率リーグトップです。このまま行くのか否か!? 本塁打ならわかるものの、失礼ながら意外すぎるオープニング。やはりふくよかバディーから繰り出される不思議な魅力!ミスターロッテ顔(里崎さん似)の活躍はロッテの躍進を支えています!

(2020 S1)Sランク 井上 晴哉[ロッテ]の評価・称号

 

まだまだ続く、第7位!

もよおしたのでお尻をそっと上げる中田選手!

プロスピA-中田翔-日本ハム

昔からずっと見ているがゆえに、ベテラン感を勝手に感じていますが、ようやく30オーバー。まだまだショータイムでチームを支える中田さん。2019 S2の前シリーズではパワー81Aありましたが、残念ながら79Bとなっております。

貫禄かつ存在感は球界屈指。きっとまだまだ伸びしろあります。打点を重ねてタイトル獲得の可能性も大アリです。目指せ打点王。

(2020 S1)Sランク 中田 翔[日本ハム]の評価・称号

まだまだ欲しい、第8位!

ちょっと待って、スタジアム過ぎてる!!
降りまーーーす!!松山選手!

プロスピA-松山-広島

今シーズンは打撃の調子が戻ってきたような松山選手。ミートはもう少し高いシーズンもありましたが、ここ最近は安定した70前半。もともとヒットを打つのがとても上手な印象なので、ベテランにはなってきましたがヒット量産は不可能ではないはず。

長年期待の堂林選手がジワリジワリときている風なのですが、この方もきてるので悩ましい所でしょうか。今シリーズは代打が取れて、仕様が変わり割と重要になってきたプルヒッター持ちとなってます。

(2020 S1)Sランク 松山 竜平[広島]の評価・称号

 

後半戦だよ、第9位!

現在2軍で、日々ランニングアイーンを開発中の内川選手!

プロスピA-内川-ソフトバンク

昨シーズンはゴールデングラブ賞も獲得されましたが、今シーズンは6月現在2軍で調整中です。例年とは違う調整の必要もありむずかしさなどあるのだろうと思われます。

若手の栗原選手が現在は一塁を守られてます。もちろん若手の台頭こそがホークスの強みでもあり超絶楽しみでありますが、三塁と一塁にベテランの右打者がいることも、間違いなくホークスの強みであります。

パ・リーグはポストシーズンもあるとのことなので、限りなく必要な戦力に違いなしのウッチー選手の一軍合流を楽しみに待ちます。TS登場時のナイスミート流石でした!(横浜時代ですが)

(2020 S1)Sランク 内川 聖一[ソフトバンク]の評価・称号

あと三人だよ、第10位!

バース? オイシイヤツデスカ? ボーア選手!

プロスピA-ボーア-阪神

各球団の助っ人たちが徐々に活躍を始めているシーズン序盤、ファイヤーボールはなかなか見られませんボーア選手。こう書いたことが恥ずかしくなるような活躍を期待したいのが本音ではありますが、内野ゴロを打った後の全力疾走など一生懸命なプレーには違いなし。

手袋なしのせいか、ヘルメットがタイムスリップしてきたような色味になってますが、シーズン中盤にはどうかそんな全てがカッコいいと思えますように。シリーズ2ではパワーがAに届いていれば良いなと思う、7月現在雲行きは微妙であります。

(2020 S1)Sランク ボーア[阪神]の評価・称号

 

あと2人だよ、第11位!

すいませーん!
このくらいの炊飯器持ってる方〜 大城選手!

プロスピA-大城-巨人

背番号24を背負うのは期待の表れに違いなし。個性豊かな面々が揃う巨人の捕手陣ですが、その中でも打力で頭ひとつ抜けているのは大城選手。

調子アゲアゲのナカジさんこと中島選手(リンクは西武時代)が現在はファーストを陣取っている印象もありますが、現在NPBを動かしている琉球パワーで活躍あるでしょう。
6月現在、小林選手が骨折してしまったので捕手としての活躍にも期待です。

(2020 S1)Sランク 大城 卓三[巨人]の評価・称号

最後になりましたが、第12位!

ボクガ、Tオカダサンヲヨブトキハ、コウデス!モヤ選手!

プロスピA-モヤ-オリックス

昨シーズンの途中加入から楽しみな存在ではありましたが、今シーズンは棒立ち三振のような打席があったり、どんな状況なのかよくわからないナウであります。

ジョーンズ選手ロドリゲス選手など外国人選手がはびこるオリックスでありましたが、シーズン序盤ロッテに大敗がありました。ここから打線の奮起はあるのか。モヤ選手の登場はあるのか。背番号1ですし。

(2020 S1)Sランク モヤ[オリックス]の評価・称号

まとめ

以上、各球団のファーストの方々でした!

即戦力ならソト、山川、ビシエドの3選手間違いなしですが、やはり欲しいロマン村上選手!

コメント